この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2020年3月6日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

 

今回は時間を有効活用するコツについて。

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

 

  • 時間をうまく使えてないような感じがする人
  • 予定を多くいれているけど実際にできてないことが多い人。
  • 予定が多いほうがいいと思っている人
  • 時間をうまく活用するにはどうすればいいか知りたい人。

 

 

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

  • 時間をうまく使えるコツをつかむことができる
  • 時間の使い方が明確になる。
  • 予定の入れ方を見直すきっかけになる

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の使い方を見直すことで自分の時間をもっと有効に使うことができます。

 

 

 

 

 

見直すだけでなく、やりたいことを絞っていくことが時間をうまく作るこつのひとつです。

 

 

 

 

今回は絞ることがポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を有効に活用するこつとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定をしぼること

 

 

 

 

時間を活用するコツはやることを絞って少なくすることです。

 

 

 

 

 

理由はどんな活動でもやることを少なくしておけばそのぶん時間を無駄のすることなく使うことができるからです。

 

 

 

 

 

やることが少ないと余計なことを考えなくていいのでそのぶん集中することができます。

 

 

 

 

 

例えば朝にどんなことをするか予定を考えるとします。

 

 

 

 

 

ブログを書くだけの予定の人とブログを書いて英語の勉強をしてほかのことをする予定の人では時間の使い方や集中力まで変わります。

 

 

 

 

 

時間を分散させるとすぐに何からやるかで迷うし、決まっても次のことが気になって目の前のことに集中しにくいです。

 

 

 

 

 

 

なので予定してたことをシンプルかつ少なくすることで時間の節約にもなるし、自分の時間も有効活用することができて充実しやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

たくさんいれたほうがいいのは錯覚です

 

 

 

 

 

朝に入れる活動の予定もはどれも大事な予定です。

 

 

 

 

 

例えばブログを書くことも資格の勉強をするのも趣味をするなど。

 

 

 

 

その時間を仕事のスキルアップの時間にすることも大事なことです。

 

 

 

 

 

ただ、どれもいっぺんにするのは現実的ではないし、実際にはかなりしんどさを感じます。

 

 

 

 

予定の多さで満足して実際にどれもうまくいくとは言えません。

 

 

 

 

 

僕は前は予定を入れれば入れるほど自己満でいましたし、あればあるほど充実すると思っていました。

 

 

 

 

 

その時はそう思ってましたが実際はほとんどができなくなるし、ひとつのことに集中できないのでどれも中途半端な活動になっていました。

 

 

 

 

 

 

後から考えるとなくてもいいものがたくさんあったし、違う時間にでもできることがたくさんありました。

 

 

 

 

本当に好きなものなら時間に関係なくすることができるので朝にこだわる必要はないです。

 

 

 

 

なので朝の予定を見直すのもいい機会です。

 

 

 

 

 

なので時間を有効活用するならしっかり絞ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間が作るには書き出す

 

 

 

 

 

時間を作るならやることを詰めすぎないことです。

 

 

 

 

理由はやりたいこと、しないといけないことが詰まりに詰まっていること。

 

 

 

 

 

予定がなくていろんなことをしたいと考えて予定を詰めてみても自分の思ったようと進まないこともありますよね。

 

 

 

 

力が分散してしまうと思った以上に力が入らないこともあります。

 

 

 

 

 

例えば、英語の単語を勉強をするし、資格の勉強もしたいけど、ほかにも予定があったりする。

 

 

 

 

 

 

これは自分も今でも時間が余ってしまうとよくやってしまっていたことでやるたびに時間に追われていたし、うまくいかなくていらいらしたりしてしまうこともありました。

 

 

 

 

 

実際にやりたいことなのかを確かめるなら紙に書き出す。

 

 

 

 

やりたいことを書き出すと可視化することができるので自分の予定してたことがわかります。

 

 

 

 

朝でないといけないことなのか、いつでもできることなのか、べつにしなくてもいいことなのか判断するうえで書き出すのは力を貸してくれる手段です。

 

 

 

 

 

 

僕は詰まったら書き出していますが詰まるときほど無駄なことが多いです。

 

 

 

 

 

よく予定はしっかり埋めておくほうがいいと言われます。

 

 

 

 

確かに予定はあるほうがいいように感じますが、これは自分は反対です。

 

 

 

 

 

予定がある分、時間を使っているのでしっかりこなすことができればいいですがそれって僕の中ではかなり意識高い系の人か時間がよぽっど余っている人か器用な人です。

 

 

 

 

 

そこまで意識高めではないし器用ではないので詰めることは自分には向いてないやり方だし、うまくいったためしがほとんどないです。

 

 

 

 

 

なのであんまり詰め込みすぎてしまうと時間が作れなくなってしまいますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

まとめとしてこの四つを意識しておくといいです。

 

 

 

 

  • 時間の使い方に自信がまだ持てないという人はやることをシンプルにしておく。
  • シンプルにしておくことで自分の時間に集中することができる
  • 時間が作れないのはやることが多いから。
  • やることを減らせばそのぶん時間を作ることができる。

 

 

 

 

 

引き続き楽しみながら活動をしていきます。