この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回は朝活をすると体調がすぐれなくなるということについて。

 

 

こんな人におすすめです。

 

  • 朝活をするといつも以上に体調不良を起こしやすくなる。
  • そのために昼間の仕事に影響してしまうこともある

 

 

 

朝活をすると体調の異変を感じやすくなるということもあります。
なぜ、体調不良を起こしやすくなるのか。

 

 

 

それを知ることで予防して活動することができます。

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

  • 朝活での体調不良を軽減することができる。
  • よほどのことがないかぎり昼間の仕事に影響されないような朝の活動ができる

 

 

 

 

朝活を続けて10年になりますが、体調を変える原因のひとつなのでうまくコントロールできると活動も含めて状態を保てる一日にすることができます。

 

 

 

 

 

 

朝活をすると体調不良を起こしてしまう理由は

 

 

 

 

 

 

 

早く起きれば眠くなるのは当たり前と意識しておく

 

 

 

理由は眠くなるからです

 

 

 

朝起きてから時間が経つにつれて一日の活動自体が低下していきます。

 

 

低下していくことで現れるのが眠気です。

 

でもこれは自然なことです。

 

 

 

早ければ早いほど眠気も早めに来ます

 

 

 

例えば、5時に起きて活動したとします。

 

 

起きてから4時間までが活動のピークだといわれてますが、その時間を過ぎると体がだるくなったり眠く感じやすくなります。

 

 

 

疲労を眠気として一番感じるのはお昼です。

 

 

この眠気をどうにかすれば一日の状態を維持することができます。

 

 

 

 

眠気をとるには

 

 

 

軽い仮眠をとることで眠気をとることができます。

やりかたは簡単で10分から15分、軽く伏せる。

 

 

 

 

寝れるといいですが、無理に寝なくても大丈夫です。

 

目をつぶってふせるだけでかなりの効果が期待できます。

 

 

 

 

強く感じるのはお昼どきで、ごはんを食べた時が一番強く感じるそうです。

 

実際、一番眠気を感じるのはお昼で、意識的にこの時間は仮眠するようにしてます。

 

 

 

 

 

 

この仮眠をすることでのメリットは

 

 

つぎのとおりです。

 

  • 眠気がとれて午後からの仕事も変わりなくすることができる
  • だるさがとれて考える力が復活する

 

 

 

無理して起き続けても眠気がとれるわけでなく、活動能力も落ちてきますし生産性が落ちるばかりです。

 

自分も無理して起きて仕事をしていてもやっぱりしんどいばっかりです。

 

 

 

 

 

眠気は体調不良を引き起こす原因のひとつ

 

 

 

 

眠気は体調不良のサイン

 

 

 

朝活をして仕事を終えるまでいい状態を保つにはいかに眠気を感じないかが大事です。

 

 

理由は眠気で人の活動に必要なものを奪ってしまいます。

 

 

 

 

例えば、やる気や仕事の意欲です。

 

眠気を感じなかったらおもしろいようにはかどりますし、自分が思ったような行動ができます。

 

 

 

けど、眠気を感じると仕事の意欲がなくなってしまいます。

 

 

眠気のために仕事の意欲を感じないと主観的に見てもやる気のない感じに見えてしまいます。

 

 

 

ほかにも集中力の低下も眠気を感じると顕著になってきます。

 

眠い時は単純に集中したくても集中できない状態です。

 

 

 

集中できないと考える力が弱くなってしまうし、手の抜いたようなことになってしまうことにもなってしまいます。

 

 

朝活をするとどうしても眠気をどうにかしたいと考えてしまいます。

 

 

そうときは無理しないで大丈夫な範囲で仮眠して眠気をとる。

 

 

それ以外で原因がありそうならお医者さんにいって診断してもらうがベストです。

 

大事なのは無理をしないこと。それが大事なことです。