この記事は約 2 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

朝は言葉の受け取り方に気をつけていくことについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • 朝なのにテンションが下がる
  • 朝に聞く言葉にあまり関心がなかった人
  • 朝によくニュースを見る人

 

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • 言葉のチョイスを意識するようになる
  • 朝に発する言葉にも意識をするようになる

 

 

 

 

朝は一日の中でもテンションが高い時間ですがテンションの高さが裏目に出ることがあります。

 

 

 

なのでそのあたりについて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

朝のテンションに気をつけたほうがいい理由とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝はテンションが上がりやすく下がりやすい

 

 

 

 

朝は基本、状態が整っているうえに頭もすっきりしているので自然とテンションが上がりやすいです。

 

 

 

 

けど、上がりやすいぶんマイナスなことを言われるとすぐに下がってしまいます。

 

 

 

 

 

テンションが高いぶんそのブレ幅が大きいので傷つきやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

テンションが高いから言葉の受け取り方が変わってくる

 

 

 

 

 

テンションが高いとそのぶん行動しやすくなりますが言葉の受け取り方で感情的にもなりやすくなってます。

 

 

 

 

例えば朝に怒りや悲しみを感じるニュースを見たとします。

 

 

 

 

調子に乗りやすい状態になっているので余計に感情的になりやすくてコントロールしにくくなってます。

 

 

 

 

 

これがニュースだったらまだ処理しやすいですが身近な人に感情を乱されるようなことを言われたり感情的に接されるとテンションが一気に下がります。

 

 

 

 

身近な人の言葉や行動は思った以上にきつく感じます。

 

 

 

 

一気に下がるのでそのあとの行動にかなり影響が出ます。

 

 

 

 

それに戻すのにかなり時間をかけていかないといけないので朝の言葉や感情の受け取り方には慎重になりすぎてもいいくらい慎重になるほうが行動しやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるべく自分にとって嫌な言葉やテンションの下がる言葉は受け取らないようにする

 

 

 

 

 

 

いい言葉なら調子よく行動ができるのでいいのですが嫌な言葉だと一日の行動に影響がでるので嫌な言葉は受け取らないようにするだけでも一日の過ごし方が変わってきます。

 

 

 

 

 

 

いやな言葉は特にニュースから受け取ることが多いです。

 

 

 

 

 

ニュースは家庭でも仕事でも話題になりやすいのですが、中にはかなり悲惨なものもあるけど自分ではどうにもならないことです。

 

 

 

 

 

そのどうにもならないことにエネルギーを使ってしまうとテンションが下がって戻すのに時間がかかります。

 

 

 

 

 

どうにもならないことに対して自分のテンションを変えるのは考え物です。

 

 

 

 

 

僕の場合だとどんなニュースにも良くも悪くも感情が動いてしまうので見ないようにしてます。

 

 

 

 

 

見なくなったら感情によってテンションが変わることがほとんどなくなったのでかなり活動しやすくなりました。

 

 

 

 

ただ家族といるとどうしても自分ではコントロールできないことが起こったり話題になったりするので感情が出ないことはほとんどないです。

 

 

 

 

 

なので朝はなるべくいい言葉だけを受け取るほうが気持ちよく行動できます。