この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は上司とのつきあいかたについて。

 

 

 

 

会社に勤めているとどうしても切り離せないのが上司とのつきあいかた。

 

 

いい上司にめぐりあえるといいのですが、時に悪い上司にあたることもあります。

 

 

 

そんなとき上司とどう付き合ったらいいのかわからなくなってしまい、それがストレスになることも。

 

 

 

そこで今回はこんな人におすすめです。

 

 

  • うまく話せないし、なんか遠慮してしまう人
  • 周りをみたらすごくうまくつきあっているをみてうらやましく感じる人

 

 

 

上司とうまくつきあえないと思ったら自分はどうするか。

その方法について書きました。

 

 

 

上司とのつきあいに迷ったら

 

 

 

 

 

 

 

解決策として三つあります

 

 

 

  • 上司にあわせる
  • 部署を異動する
  • とにかく逃げる

 

 

 

それぞれ説明していきます。

 

 

 

 

上司にあわせる

 

 

 

 

ひとつめは今の上司の喜びそうな部下になる。

 

 

理由は上司に好かれれば好かれるほどお互いがやりやすくなります。

 

 

 

 

例えば、その人に合わせて自分が変わっていけばいいです。

 

 

上司に気に入られるようなキャラづくりをしていく。

 

 

 

 

ほかにも気に入られるように自分が調子を合わせる。

 

 

 

はじめは違和感があるかもしれませんが、少しずつ慣れてくるし、けっこういい感じになってきます。

 

 

 

でもこれを実行すると自分が疲れるし、萎えます。

 

 

 

 

当たり前の話でいつも上司の顔色をうかがわないといけないから。

 

 

 

 

そのぶん、エネルギーを使わないといけないからけっこうしんどい。

 

 

それに自分らしさがまったくなくなるから余計にしんどくなります。

 

 

 

 

今の時代にはそぐわないやりかたですが、方法のひとつとしてはありです。

 

 

 

 

 

部署を異動する

 

 

 

ふたつめは今いる部署を異動することです。

 

 

理由は自分にとってのいやな上司がいなくなるし、環境も変わるから。

 

 

 

 

今の会社で続けるなら多少なりとも環境を変えることも必要なことです。

 

 

この場合、大事なのは今の会社は嫌いかどうか。

 

 

 

 

もし、今の会社自体に問題がないと思ったり、自分の中で特に不満がないなら続けて環境を変えることもいいです。

 

 

 

この場合、上司とか人は抜きにしてです。

 

 

人を入れてしまうと絶対に合わない人が出てくるから。

 

 

 

 

何か自分の思うところがあるなら思い切り環境を変えることで良くも悪くも何かしら変化が生まれます。

 

 

 

 

環境を変えることで上司だけでなく自分も変われるチャンスになるかもしれません。

 

 

 

 

 

会社をやめる

 

 

 

 

もうひとつはその会社をやめて違う仕事を探すこと。

 

その人がいやで耐えれないというなら思い切って会社をやめるのも一つの手段。

 

 

 

 

理由は環境が一気に変わるから。

 

 

仮に同じ職種についたとしても、環境が変わるだけで違ったものになります。

 

 

 

 

もしかしたら次にいった会社のほうが自分に合うのかもしれない。

 

 

自分を変えたいとか、今の会社の上司がいやしょうがないとか。

 

 

 

 

 

やめるのはかなりの勇気がいるので躊躇してしまうかもしれません。

 

 

けど、環境が変わることで変わると感じるなら仕事を変えるというのはけっこうな衝撃になります。

 

 

 

 

あくまで最終手段としてですが、自分や環境を一気に変えるなら今の会社を辞めることです。

 

そうするとびっくりするほど変わります。

 

 

 

 

 

今の上司にどんなことを感じている?

 

 

 

 

 

 

悪い上司とは

 

 

 

今の上司にどんな感じかにもよりますが悪い上司は一例ですがつぎのとおり。

 

 

 

 

  • なんか自分の価値観を押し付けてくる
  • それが気に入らないと妙に質問攻めにされる
  • 自分が仕事ができてもできてなくても否定してくる

 

 

 

 

ほんの一例ですが、ひとによってはいろんなことを感じることがあります。

 

 

 

今の上司に少しでも感じるなら、最初は我慢してたけどだんだんストレスになってきてきます。

 

 

特にストレスを感じるのはマウントを取ろうとしてくるとき。

 

 

今どきなさそうであることなので気づかないうちに取ろうとしているし、いつの間にか取られているかもしれません。

 

 

 

自分の上司はそうではないよという人も一度、関係を見直すことも必要で今の関係に問題がないなと感じるならそれでいいし、やっぱり違和感があるなら自分の立場や距離感を見直すことも大事です。

 

 

 

 

 

本を読んでも解決しない

 

 

 

最後に本を読んでも解決にはなりません。

 

 

上司とのつきあいかたの本を読んでいるけどうまくいかないことがほとんどです。

 

 

 

よく聞く話ですが、本を読んでもなんの解決にもなりません。

 

 

理由は、本はあくまで参考程度にするもので問題があるのは本人だからです。

 

 

 

過去の僕がそうで、人間関係の本をやたら読んで解決をしようとしてました。

 

当たり前ですが、読んだところで実際に行動に移さないと解決はしません。

 

 

 

本は参考にするくらいで、本当に悩んでいるなら誰かに話すことも大事な方法のひとつです。

 

 

 

行動に移すことで変化も生まれるし、変えることができます。

 

 

 

これができなくて大失敗した経験があるので、話しにくいかもしれませんが、いうという行動はやっておくべき。

 

 

 

ずっと本を読んでばかりいるのは結局のところ行動できなくなってしまいます。

 

 

 

本にはいろいろいいことがたくさん書いてます。

 

 

 

けど、それらはあくまで参考程度にしないと知識ばかり蓄えてもなんの意味も持ちません。

 

 

なので、本は参考にするくらいで実際に行動して関係の変化を求めるほうがいいですよ。