この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

 

今回は日常では余裕があるよりないほうがいいことについて。

 

 

 

 

日常生活に気持ちの余裕があるほうがいいような感じがありますが、ありすぎても気持ちではスキを作ってしまいます。

 

 

 

 

スキを作るとこけてしまうところで自らこけにいってしまうようになります。

 

 

 

 

日常に余裕を持ちすぎることはまずい面もあります。

 

 

 

 

今回はこんなひとにおすすめです。

 

 

 

 

  • いつも余裕を持ちたいと思っている人
  • いつも考えなくてもいいことを考えてしまう人
  • 余計なことを考えてしまって行動が停止してしまう人

 

 

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 余計な考えをもたなくてすむようになる
  • 時間を無駄にしなくてすむようになる。
  • 余裕を持ちすぎることの危険をしることができる

 

 

 

 

 

 

余裕はないよりあるほうがいいと思いますし過去の僕はその意見に賛成でした。

 

 

 

けど、余裕があればあるほど無駄で余計なことをしてしまいがちです。

 

 

 

 

 

大事なのは適度に余裕を持つことが大事です。

 

 

 

 

 

 

余裕はあるよりないほうがいい理由とは

 

 

 

 

 

 

 

余計なことを考えやすい

 

 

 

 

余裕はあるよりないほうがいいのは余計なことを考えてしまうから。

 

 

 

 

仕事ではやりすぎると余裕がなくなり気持ちに余裕がなくて感情的になりやすいです。

 

 

 

 

 

 

感情的になっているとなにをしても楽しいと感じにくいですがここまでなくなると余計なことはほとんど考える力をなくしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

心に余裕がないときは自分に集中しているときなので日常に余裕を持ちすぎのときは仕事をたくさんするのも方法のひとつです。

 

 

 

 

 

 

余計なこととは

 

 

 

 

余計なこととはつぎのとおり

 

 

  • 今しなくてもいいことを考えてしまう
  • 暇つぶしをしようとして無駄にお金をつかってしまう

 

 

 

ほかにもいろいろ考えはあるのに行動しないで日々を過ごす。

 

余裕があるときは現実的なことに注意しないとすぐに時間を無駄にしてしまいます。

 

 

 

余裕があるほうがいいじゃないかという人もいます。

 

 

ただ、その余裕の使い方をまちがえるとすぐに時間の無駄に直結するから注意したほうがいいです。

 

 

 

なので余裕がないようにして余計なことを考えないようにする。

 

 

余裕がないほうが余計なことを考えなくてすむので行動しやすいですよ。

 

 

 

 

余裕を作らないようにする方法とは

 

 

ひたすら仕事をすることでよけいなことを考えなくてすみます。

 

今している仕事で余裕を感じることができないくらいまで無理やり働く。

 

 

 

体が疲れきったら余計なことを考えなくてよくなります。

 

会社勤めだったら自分を追い込むくらいまで働く。

 

 

 

余計なことを考えやすい人は試す価値はあります。

 

これは実際自分がやってました。

 

 

 

理由は余計なことを考えやすいから。

 

 

それに休んだら無駄なお金をつかってしまってましたし、何もすることがなくなったらお酒を飲んで早めに一日を締めくくってました。

 

 

今みたいに趣味が多いほうではなかったから時間があってもすぐに飽きてしまいます。

 

 

なので仕事に時間を使うことで余裕をなくして余計なことを考えないようにしてました。

 

 

すくなくとも働いたぶんだけお金は入ってきてましたし、楽しみはありましたよ。

 

 

家にいても無駄に考えることがあるなって感じるときは仕事を無理やりする。

 

 

余裕がなくなりすぎてもいけないですが、そのぶん時間を消耗させなくてすみますよ。

 

 

 

 

余裕はうまく使うこと

 

 

余裕がありすぎるのは悪ですが、なさすぎるのも考え物。

なので、少しの余裕を持ちつつ、行動する。

 

 

余裕はないと心が消耗します。

 

 

少しだけ余裕を持つことで体力や感情をコントロールすることができるようになりますよ。

 

 

使い方しだいで変わってきます。

 

引き続き仕事に邁進して余裕の作り方を考えながら行動していきます。