この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

今回はどんな人が信用されないのかについて。

 

 

どんな人が信用されないのかを書いていきます。

 

 

今回はこんな人におすすめです。

 

 

  • 上司と部下の関係になって信用をさらに得るにはどうしたらいいかわからない人
  • 話が苦手で人に信用されてるかわからない人
  • 人が苦手で輪に入るのに抵抗がある人

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • どうやったら信用されるのかがわかるようになる
  • 話すのが苦手でも信用を得ることができるようになる。

 

 

 

どんなことをすると信用されないのか。

 

そこに焦点を当てていきます。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

どんな人が信用されないのか?

 

 

 

 

 

どんな人が信用されないかは次の通りです。

 

 

  • いうだけの人←注目
  • 何もしない人←注目
  • 頼まれたことをやり遂げない人
  • 重要なことを何も伝えない人

 

 

 

こういう人は信用されにくいし、自分の身の回りに置き換えてもイメージしやすいと思います。

 

 

注目と書いている部分は特に注意で、言葉は立派だけど行動しない人は信用したくても信用しにくいですよ。

 

 

 

ただ、人間なのですべて完璧な人っていないですし、できることも限られてきます。

その人のキャパの問題もあるし、感情もあります。

 

 

それを引いて見ても口だけで結果を残してない。

結果だけならともかく、行動もしてない。

 

 

これでは信用を得るのは難しい。

仕事は特に敏感になりやすいので普段の行動をよく観察をする習慣を持つ。

 

 

 

客観的に見て自分はどうなのかを振り返ってもいいと思います。

 

 

 

話すのが苦手という人は信用されにくい?

 

 

 

 

答えはNOです。

 

 

多少の絡みづらさはあるかもしれません。

 

けど、それは信用とは全く別物です。

 

 

 

例えば、

 

めっちゃいいことをいうし、人との絡みがすごいけど、いうこととしていることがかけ離れているA

 

 

無骨でほとんど人と接さないけど、仕事をきっちりやりこなすB

 

 

 

どちらを信用しますか。

 

僕ならBのほうが信用できます。

 

 

 

仕事をきっちりしてくれるほうが気持ちがいいし、自然と人がついてきます。

 

これは本当のことですし、よほど闇を抱えてなければ大丈夫です。

 

 

多少、人と話すのが苦手でも行動がしっかりしていれば人はついてきます。

 

 

 

結論は行動の積み重ね

 

 

 

人から信用されるには行動の積み重ねです。

 

理由は積み重ねないと信用は得にくいから。

 

 

 

人って見てないようでしっかり見ています。

 

例えば挨拶をする。

 

 

一回だけなら印象に残らないけど、毎日することでしっかりあいさつができるひとと思われる。

 

 

仕事なら毎日しっかりやりきる。

 

 

 

たまにミラクルなことをして信用を得ようとする人がいますが、そんなに印象に残りませんよ。

 

 

大事なのは地味なことを目立たないところでしっかりやりきること。

 

 

それを継続することで信用を得ることができます。

 

 

ついでにいうと、人から頼まれたことをしっかりやることも信用を得るきっかけになります。

 

 

日々、自分の行動の積み重ねで信用も積み重なってくる。

 

行動することは大事なことです。

 

 

最後にどんな人から信用されたいか

 

 

どんな人から信用されたいですか。

 

仕事仲間かもしれないし、家族かもしれません。

 

 

 

信用されるには自分にとって身近な存在の人から信用を得るようにすると継続しやすい。

 

理由はみんなから信用を得るのはけっこうハードです。

 

 

 

ことわざに八方美人とあるけど、そんなに器用にできる人はなかなかいません。

 

全体を見るより、一番近くの人の信用を得るほうが楽に行動できます。

 

 

僕も引き続き、少しでも信用が積み重なるように行動していきます。