この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回は会社以外で出かけないといけないのかということについて。

 

 

 

出不精という言葉があるくらい、出かけるのがいやな人もいます。

 

 

 

僕自身も用事があるときや、出かけたい時以外は家にひきこもって家のこと、インプットするようにしてます。

 

 

 

でかけて遊ぶほうが有意義な時間を過ごすことができると思われるかもしれません。

 

 

 

ただ、その価値観を自分も合わせないといけないのかと、勝手に思い込んでしまう人もいますが、それだと気持ちとお金だけが消耗するだけです。

 

 

出かけずに家にいることが悪いことなのか。

 

 

今回はこんなひとにおすすめです。

 

 

  • ひきこもるのがいやでいつもでかけている
  • 出かけることに疑問を持っている人
  • でかけずに一人でいることのいいところは

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • ひきこもることがそんなに悪いことではないことがわかる
  • 出かけないといけない考えが変わる
  • 積極的にでかけることはいいことだけど、それが苦痛に感じるひともいることを改めて考えるようになる。

 

 

 

今の時代、無理にでかけなくても学習する手段はたくさんあるし、家にいても楽しむ方法はたくさんあります。

 

 

それに出かけないほうが時間を有効に使えます。

 

 

 

 

出かけないで家にいることは悪いこと?

 

 

 

 

出かけないことに罪の意識を感じるのは周りが出かけたり、外に出るほうがいいという価値観の人が多いから。

 

 

でも出かけると、時間をものすごい無駄にしているかもしれません。

 

その点、でかけないと時間は簡単に作ることができます。

 

 

 

理由は出かけないぶん、時間をしっかり作ることができるから。

 

それに、自分の時間に集中することができるからなんでもできる。

 

 

 

例えば、掃除が趣味なら家の中を掃除したり、今なら動画での学習ができます。

 

ブログを書くときも普段から出かけていると移動するにもお金もかかります。

 

 

 

僕の場合、出かけないと読書したり動画を見たりして学習時間にしてます。

 

ほかにもメモをとったことを読み返して自分が感じたことを見返すようにしてます。

 

 

 

思っているよりも自分の都合のいいように時間を使えるので出かけないという選択はありです。

 

 

 

 

出かけることを美徳にしているひとは要注意

 

 

 

 

理由は意外に時間を無駄にしていることに気づいてないから。

 

 

 

特に気づかないのが移動時間。

 

移動時間は思った以上に気づかない人が多い。

 

 

 

あっても音楽を聴いたり、本を読むくらいの時間を持て余しているからという感じ。

 

 

 

過去の自分がそうでした。

 

 

どこかにでかけることが生産を上げることにつながるという謎な意識を持っていたので、移動の時間に何をするかなんて考えてなかったです。

 

 

 

あったとしても読書や啓発のオーディオを聞くくらい。

 

それに出かけるときはだれかいるので自分のしたいことはまったくできない状態。

 

時間を大幅に無駄にしているとはマジで気づいてなかった。

 

 

 

 

出かけなくなってよかったと思えたのは

 

 

 

最近に出かけないことが悪いと思わなくなりました。

 

理由は時間がたくさんできるから。

 

 

 

一時期、でかけないことや何もしないで過ごすことが悪と思っていた時期があります。

 

 

だから出かけるなり、遊ぶなりして外の世界で無理をすることが大事という謎な発想を持っていました。

 

 

 

自分はどちらかというと、ひきこもって読書やゲームとか、ひとりの時間を楽しみたい人というのも最近になってわかったことです。

 

 

それを無視して外出をして無駄に出費と時間を消耗していました。

 

 

ひきこもるのが悪いと考える人もやっぱりいますが、それも一つの価値観と考えるほうが楽です。

 

 

外出することだけが正義ではないことを知ることも必要です。

 

今回はこれで締めますが、出かけないことでどれだけ時間ができるか意識すると思った以上に時間ができることにびっくりしますよ。

 

僕もこんなに時間ができるとは思ってなかったので簡単に実感ができますよ。