この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回はインプットしたものを自分のものに変える

 

インプットをするだけでは自分のものにするには物足りない感じがしますし、インプット自体に満足してしまってませんか。

 

 

ほかにも

 

  • 読書をしたあとに内容がなかなか残らないのはなぜか
  • 読書の中身を自分のものにしたいけど、どうするといいのか
  • セミナーや人の話をメモをとるだけで終わってしまう

 

 

など、インプットに関してどうすると自分のものにすることができるか。

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • 読書をしたあとの内容を自分のものにできる
  • メモだけで終わらずに一歩進んだ学びをすることができる

 

 

 

 

結論から書くと、声に出すことと、自分の言葉でかみ砕くこと。

 

この二つを実践することでインプットしたものを自分のものにしやすくできます。

 

 

 

 

 

インプットしたものを自分のものにするには

 

 

 

 

 

改めて書きますが、声に出すことと、自分の言葉でかみ砕くこと。

 

声に出すことがいいのは頭の中に残りやすいからです。

 

 

 

一度でも声に出すと、頭の中で印象として残ります。

 

それを何度も反復することで定着しやすくなります。

 

 

 

例えば、単純に本を読むのと音読するのとでは残り方が全然違います。

 

本を読むだけでは印象に残りにくいです。

 

 

 

有名な本でも自分の好きになれそうな本でも、何度も読まないと覚えることができないです。

 

 

できれば時間を短くしながらも、しっかり記憶に残すなら声に出して読むのがいいです。

 

自分の気に入った部分だけでも覚えておくには音読がいいですよ。

 

 

 

デメリットは自分の声を聞くことってけっこう恥ずかしい。

 

なかには自分の声を聞くのが嫌という人もいます。

 

 

 

僕もそんなに自分の声に出すのはあまり得意ではないです。

 

慣れてない人にとってはけっこうしんどい作業です。

 

 

 

でも一度、声に出すことをすると慣れてしまうので、気にならなくなります。

 

 

家族がいる人は声に出すのをためらうかもしれませんが、小声でもいいのでまずは声にだす。

 

 

 

出すことで記憶と印象に残りやすくなります。

 

 

 

メモを自分の言葉でかみ砕く

 

 

メモったことをを自分の言葉でかみ砕くと受け入れやすくなります

 

理由は本の書いたことをそのまま理解しようとすると飽きるし、記憶しにくい。

 

 

 

セミナーでもそうで、講師の言ったことをそのままメモにするだけでは自分には消化しにくい部分は出てきます。

 

 

 

書いたあとに必ず違和感が出てきます。

 

その部分を自分の言葉で解釈しなおす。

 

 

 

できれば自分が理解しやすい例えが入ると、より自分の中に残りやすいです。

 

なので、自分の言葉で書き直したあとのほうが理解しやすいし、自分が受け入れやすい。

 

 

 

メモをたまに書きっぱなしにする人がいますが、それはもったいないし、自分の中で消化できてない部分は結構出てきます。

 

 

それにメモだけでは理解するのに時間がかかるし、先ほども書きましたが、違和感が出てきます。

 

メモをとったら一度、見返す。そして、自分の消化しやすい言葉で書き直す。

 

それだけでインプットがより強いものになりますよ。