この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回は周りの雰囲気に惑わされずに自分のペースでいくことについて。

 

 

 

今回はこんな人におすすめです。

 

 

 

  • 得意なことをしているはずなのに失敗することが多い
  • 周りが失敗しているとなぜか自分も失敗してしまうのではないかと思ってしまう

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 失敗を気にしないでマイペースにすることが大事だということがわかる
  • 雰囲気の怖さを改めて感じる

 

 

 

同じ失敗でも自分の得意なことで失敗はかなりへこみます。

 

 

失敗の原因は自分だけにあると思っているとたぶん止められないです。

 

 

 

自分だけを責めるのではなくて、ほかの原因が重なってしまって失敗を作ってしまうことがあります。

 

 

 

そのひとつが雰囲気です。

 

 

なので雰囲気にのまれないようにするにはどうするといいのかについて書いていきます。

 

 

 

 

 

周りの雰囲気に流されないようにするには

 

 

 

 

次のふたつです。

 

 

  • マイペースを貫く
  • 確認をする

 

 

 

 

マイペースを貫く

 

 

 

自分のペースを崩さないことです。

 

 

理由は相手や周りのペースや雰囲気に合わせると自分のリズムが狂ってしまうから。

 

 

リズムが崩れると自分のペースでできなくなるので得意なことでも普段なら想像もしなかった失敗を誘引してしまう危険もあります。

 

 

 

どんな仕事でも自分のリズムというものがあります。

 

 

リズムを保つというのはけっこう大変で、意識しても周りの影響で変わってしまうことがあるからです。

 

 

 

 

例えば、仕事で自分の請け負った業務があるとします。

 

 

 

それを自分なりにこなそうとはじめは想像しますが、あいだにほかの用事を頼まれることがよくあると思います。

 

 

 

 

その用事が自分の許容範囲内だったらいいですが、自分のペースを乱すほどの用事が舞い込んできたら完全にペースが乱れてしまいます。

 

 

 

 

少しでも乱れると自分のリズムに違和感が出るのでそこから失敗する雰囲気を作ってしまう。

 

 

 

用事で例えましたが、雰囲気のほうがわかりやすいかも。

 

 

 

雰囲気が良ければ自分のリズムでやりやすいし、乱されても戻しやすいです。

 

 

逆に雰囲気が悪いと自分がうまくいっているつもりでも自分の気づかないところで乱されています。

 

 

 

僕の場合、かなりマイペースでものごとを進めたいと考えているので少しでも雰囲気が悪いと影響されてしまいます。

 

 

 

なのでどんな雰囲気でも自分のペースを崩さないように気をつかったほうがいいです。

 

 

 

 

 

確認をする

 

 

 

 

失敗するような雰囲気にのまれている感じがあるときはしっかり確認をする。

 

 

ただするだけでなく、自分でもやりすぎではないかと思うくらいの確認をすることでかなり防ぐことができます。

 

 

 

理由は確認をするだけで些細なミスが防ぐことができるから。

 

 

 

失敗するときの基本はたいてい確認をしてないことが多いです。

 

 

 

逆に確認をしたときは些細なミスはほぼなくなります。

 

 

 

仕事ではけっこう見落としな行動ですが、やることでミスが減る大事な行動です。

 

 

 

少し前までは確認をすることをめんどくさがってましたが、その時は妙に些細な失敗が多かった気がします。

 

 

 

失敗するたびに確認をすることでミスからの失敗はなくなりました。

 

 

なので確認をすることで雰囲気にのまれずに失敗から逃れることができます。

 

 

 

 

今回は雰囲気にのまれて失敗しないようにするためにはについて書きました。

 

失敗は些細なことから起きてしまいます。

 

それに自分発のときもあるけど、それは雰囲気がそうさせていることが多いです。

 

 

なので雰囲気に惑わされずにマイペースですると失敗するリスクが激減します。