この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は体の小さな変化を感じて気づいたほうがいい理由について。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • 体の変化が気にならない
  • 年月を重ねてもいつもどおりに動けると思っている
  • いつまでも20代のままのように思っている

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • 体の変化に意識を向けることができる
  • 今の自分に合わせた体作りを意識しやすい
  • 年月を意識しやすくできる

 

 

 

年齢を重ねても意外と体が変化していることを意識しにくいです。

 

 

 

今まで大丈夫だったのでこれからも大丈夫な感じになりやすいので体が変化していることを自覚する、意識するとより体のことを考えやすいです。

 

 

 

 

 

体の小さな変化を感じて気づいたほうがいい理由とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の小さな変化を意識する

 

 

 

体の小さな変化は意識をしておくほうがいいです。

 

 

理由は変化していることに気づきにくいからです。

 

 

例えばイメージでは動くのに実際は思うように動かせないこともあります。

 

 

ただ筋肉や動きは目に見えるのでまだ意識をしやすいですが食生活など意識をしないと流してしまいやすいです。

 

 

流してしまうといつの間にか改善する機会を失ってしまいます。

 

 

なので体の小さな変化を意識してどこがいつもと違うのかがわかるだけでも行動するきっかけにできます。

 

 

小さな変化は放っておかないほうがいいです

 

 

 

体に限らず環境も小さな変化を放っておくといつの間にか大きな変化になっていることがあります。

 

 

例えばこけやすくなった、食べる量が少なくなったなど。

 

 

こけやすいとケガのリスクが高まるし、食べる量が少ないと動きたくても動けないし、元気も湧きにくいです。

 

 

悪い変化は放っておくとかなり大変なことにつながりやすいです。

 

 

僕自身もコケたときは表面的な怪我だけでなくて体全体に響くような感覚があるし、完治するまでに少なくても一週間はかかります。

 

 

なので小さい変化はいつの間にか大きな変化になりやすいので意識はしておくほうがいいです。

 

 

 

 

体は日々変化していることを意識しておく

 

 

 

 

体は日々変化していることを意識しておくほうがいいです。

 

 

理由は無意識に変化しているからです。

 

 

例えば10代から20代になるときは明らかに変化しているのがわかるので自分の姿や周りもわかります。

 

 

20代から30代もライフスタイルが変化しやすい時期なので自分も変化しているのを意識しやすいです。

 

 

問題は30代からです。

 

 

30代から見た目や体の動きなど、20代に印象として残ったままが継続されやすいのでまだまだいけると思ってしまいやすいです。

 

 

そのままの感覚で日々を過ごすとコケやすいし、疲れが残りやすいなど体の不調をより強めに感じやすいです。

 

 

老いを感じすぎなくてもいいので体が変化していることを意識しておけば必要のない無理をしなくていいし、ペース配分を考えやすいです。

 

 

 

運動会で全力で走ると

 

 

 

体を意識してない例としてコケやすいことを出しましたがいい例が運動会です。

 

 

 

実際に見たことや体験したことがあるかもしれないし、映像で見たことがあるかもしれないですが子供の応援で大人が全力で走ると全力でコケるシーン。

 

 

僕が勝手に思ってますが全力で走ってコケるのは走れたときのイメージのまま今の体を知らずに走ってしまうから。

 

 

自分の体を知ったうえで走ると無理のない走り方を考えると思ってます。

 

 

これは一例ですが日常生活でもあてはまります。

 

 

今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫なように錯覚しやすいし、自覚するのが痛い目をみたあとではもったいないです。

 

 

大丈夫だと思って過ごすとあっという間に年月が経つので意識をしておいたほうがいいです。

 

 

 

変化を意識したあとは

 

 

 

どんなに小さくても変化を意識したら変化を楽しみながら過ごす。

 

 

 

小さな変化を意識できると工夫もできるし、過ごし方も変えることもできます。

 

 

無理のない過ごし方ができるし、無理のない行動もしやすいです。

 

 

変化はどうしてもするので今までと変わらないように維持するのは難しいです。

 

 

ある程度の維持はできるかもしれないですが変化に対応しにくいです。

 

 

楽しみながら変化を楽しんでいくほうが充実した時間にしやすいです。

 

 

 

 

体の年齢と実際の年齢は切り離して考える

 

 

 

 

最後になりますが体の年齢と実際の年齢は切り離して考えるほうがいいです。

 

 

理由は実際の年齢と今の体の状態を合わせる必要がないからです。

 

 

例えば実際の年齢は40だけど体の年齢は50だったら体のことを意識したほうがいいし、小さな変化にも敏感になったほうがいいです。

 

 

逆に実際の年齢は50なのに体の年齢は20代ならあまり気にしないで維持できるようにしたらいいです。

 

 

ただ注意したいのがCMなど年齢を必要以上に煽ってくるようなもの。

 

 

今の状態を意識した体作りをしているのに煽られると余計な不安を感じやすいし、無理をしないといけない状況になってしまうかもしれないです。

 

 

体の変化を意識するきっかけにはしてもCMの内容に自分が合わせる必要はないです。

 

 

 

なのでしっかり体作りをして今の状態を意識しているなら継続するほうがいいです。

 

 

 

僕も無理なくケガなく過ごせるように体作りをしていきます。