この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

今回はいつ日記を書くといいのか。

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • いつも日記を朝に書くようにしてるけど、本当はいつ書くのがいいのか。
  • 夜でも日記を書くのもいいのか。
  • 日記を書くならどっちがいいのか。

 

 

これらの疑問に答えていきます。

これを見ることで、

 

 

  • 自分にあった時間に日記を書けるようになる。
  • 朝と夜の日記の違いについてわかるようになる。

 

 

 

日記を書き始めて15年以上になりますが、朝にも夜にも日記を書いたときの内容の変化にびっくりすることがあります。

 

 

どんな違いがあるのか、そのあたりも書いていきます。

 

 

 

 

 

 

日記をいつ書くか。朝と夜の違いとは

 

 

 

 

 

 

 

日記は朝と夜、書くならどっちがいいのか

 

結論から言うと朝でも夜でも書くのはどっちでもいいという考え方です。

 

 

 

ただ、朝と夜の性質を知ることも大切なことだと思います。

 

 

理由は

 

 

一日の疲労度。
ストレスになることの多さ。

 

 

が違いすぎるから。

 

例えば、一日の自分の行動を振り返ったとします。

 

 

 

  • その日、自分はどんな行動をしたのか
  • どんなことを考えていたのか
  • どんな人とかかわっていたのか
  • いいこと、悪いことはどんな感じだったか。

 

 

 

一日の出来事をその時の状態で振り返って見ると、朝だと状態がいいので前向きなことがたくさん出てきますし、かなり冷静に振り返ることができますよ。

 

 

逆に夜に振り返るとへとへとの疲労感のうえに、いろんなストレスを抱えて帰ってきてるんです。

 

 

 

 

違いはあとで書きますが、体の状態が違いすぎるので日記にも違いが出ます。

 

 

日記を書くのはどの時間帯でもいいですが、違いがあるということは知っておいたほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

朝と夜にどんな違いがある?

 

 

 

 

 

 

 

どんな違いがあるのか、朝と夜のメリットデメリットについて書いていきます。

 

 

 

 

 

朝に日記を書くメリット

 

 

 

朝に日記を書くメリットは次の通り。

 

 

  • 頭の中がすっきりして書くことが簡単に思いつく
  • ネガティブなことを考えにくくなってプラスになるようなことを書いていく
  • 自分自身を客観的に見ることができる
  • 物事をプラスに考えやすい頭にすることができる

 

 

 

 

その理由は次の二つあります。

 

 

  • 寝てすっきりした状態なので、その日の出来事を冷静に見ることができる
  • 嫌な出来事があっても朝に振り返れば、ネガティブな考えが起きにくい。

 

 

 

頭の中がすっきりすることで自分が書きたかったこともスラスラ書けるし、時にはそれがアイディアにつながるりやすいのも朝の大きな特徴です。

 

 

 

そのうえ、客観的に自分を見ることができるので行動を振り返ったときには行動や感情に対して冷静に見ることができますよ。

 

 

 

 

朝に日記を書くデメリットは

 

 

 

朝に書くデメリットは次の通りです。

 

 

 

  • 時間がないこと
  • なかなか思い出しにくいこと。

 

 

 

朝は仕事前とか準備とかでなにかとせわしい時間です。

 

書く習慣がないと時間を確保するのが難しい時間です。

 

 

 

なので朝の予定に加えようとするとどこに入れようかと考えてしまいます。

 

それに書きたいことを思い出そうとしても一日置くと新鮮な記憶が劣化してしまいます。

 

習慣になるとそんなにしんどくないですが、それまでがけっこうきつかったりします。

 

 

 

 

 

夜に日記を書くメリットは?

 

 

 

夜に日記を書くメリットは

 

 

  • その日にあったことをすぐに思い出すことができる
  • 感情を吐き出せる

 

 

夜の強みはその日にあったことを詳細に覚えていることです。

その日に起きた出来事や、その時に感じたことを簡単に思い出しながら書くことができます。

 

 

朝だとすぐに思い出すことができないことがあります。

夜ならその日ならしっかり覚えていますよね。

 

 

 

その日にあったことをそのまま日記にしやすい時間帯です。

 

 

 

それと、感情を吐き出す日記にするのは夜に書くときの最も大きいメリットです。

感情を吐き出してすっきりするのに適しています。

 

 

 

逆に夜、感情をはきださないまま次の日を迎えるとコンディションにも影響します。

 

 

これって結構、大事なことだけど、嫌なことを吐き出す人ってなかなかいません。

理由は

 

 

 

  • 書いていいのか迷ってしまうから。
  • 書いてて恥ずかしくなるから

 

 

 

自分が感じたことを日記に吐き出すことですっきりすることができますよ。

 

 

夜に書くデメリットは

 

 

夜に書くことでデメリットはネガティブなことを考えやすいこと。

理由は次の通りです。

 

 

 

  • 体が疲労している。
  • 休むことを欲している

 

 

 

実際書いてみるとわかりますが、前向きな言葉が少ない感じがします。

 

見返したときにかなりげんなりします。

 

 

記録的なものであれば、あまり問題はないのですが、感情が入りやすくなるので注意が必要です。

 

 

特に自分よがりの感情が入らずに書くことができて、見直すことは次の日にすれば効率がいいです。

 

 

 

 

まとめると

 

 

 

客観的に物事を振り返りたいなら朝に日記を書くのがいい。

その日にあったことを鮮明に記録する日記にしたいなら夜のほうがいい。

 

 

 

日記を書く時間で書く内容がかなり変わってくるので自分にとってどちらがいいか、楽しみながら書いていきたいですよね。