この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回は朝活に慣れ始めた時の注意点について。

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 朝活に慣れ始めてきたけどもっとうまくできるようになりたい
  • 自分の思ったような朝活ができない
  • 予定通りの朝活ができなくて悩む

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 朝活に慣れ始めたときのこつについてわかる
  • 自分の思うような朝活にすることができる
  • 計画どおりに朝活をしやすくできる

 

 

 

 

朝活を始めて慣れ始めた人向けに書いていきます。

 

 

 

慣れ始めた時に詰まってしまうポイントがあります。

 

 

 

そのポイントが分かって行動でも感情でもクリアできると習慣化しやすいです。

 

 

 

 

朝活に慣れ始めた時の注意点とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予定通りにいかないと思って予定を組む

 

 

 

朝活ですることを決めて動くことは大事ですが、予定通りにいくと思い込まないことがポイントです。

 

 

 

理由はどれだけ早めに起きても体調もよくて順調のように感じても予定通りにいかないときはいかないからです。

 

 

 

例えば早めに起きても眠気や疲労が強く残ったまま起きたら全く活動が進まないです。

 

 

 

ほかにも体調がいいとその瞬間は感じても急にお腹が痛くなったりだるさを感じるかもしれません。

 

 

 

体調がよくても家族がいると自分が予定してなかった時間に起きて一緒に時間を過ごさなくて自分の予定していたことがほとんどできない。

 

 

 

これは実際に僕の経験ですし、今もあります。

 

 

しっかり予定を立てても予定通りにいかないことも予定通りにいくことと同じくらいあります。

 

 

 

なので絶対にしておきたい活動だけに集中する。

 

 

それもできないときは自分の体調や気分にあった活動をするのも方法のひとつです。

 

 

ほかはできればオッケーくらいの軽い気持ちのほうがいいです。

 

 

 

でないと自分が立てた予定がひとつでもできなかったときのダメージが大きいです。

 

 

やりたいことに集中してでクリアできたら次に移るほうが気持ちが楽です。

 

 

 

 

 

 

できないと思ったらできないと割り切る

 

 

 

自分が予定していた朝活ができないときは割り切ることが大事です。

 

 

割り切らないとできなかったダメージが大きいからです。

 

 

できなかったときのダメージは思った以上に大きいし、下手をすると一日の終わりまで残ります。

 

 

そこまで自分を責めることはないにしても残るのでどうしても夜に埋め合わせをしようと考えてしまいます。

 

 

ただ夜に埋め合わせをしようとしても朝と体力も気力も違うし、テンションも違うし、気分も違うのでよほど気持ちを鬼にしないと全く進まないです。

 

 

 

なのでできないと思ったら割り切る事が大事です。

 

 

 

朝にしたいことをしっかりやらないとやり残した感じがあって割り切ることに気がすまないかもしれません。

 

 

そんなときは少しでもできたらオッケーと思うくらいで満足すると活動をした充実感があります。

 

 

 

できなかったぶんはまた仕切り直しにすることで再開するだけです🙂

 

 

 

 

 

朝活の内容を見直す

 

 

 

朝活をする時にやっておきたい行動のひとつが予定の見直しです。

 

 

 

理由は時間と労力を無駄にしているかもしれないからです。

 

 

 

例えば過去の自分と今の自分では状況が変わっているし、生活などの環境が変わっているかもしれません。

 

 

 

もちろん月日も変わっていれば何かしらの経験が変わっているかもしれません。

 

 

身体の状態も変わっています。

 

 

何か変わっていると自分にとって必要なものが変わっているかもしれません。

 

 

 

過去の自分は必要だったことでも今の自分に必要かどうかは考えるべきです。

 

 

そのためには何が自分にとって必要なのかをしっかり考えて見直していく。

 

 

でないと時間とお金をいつの間にか無駄に消費しているかもしれないです。

 

 

 

過去の自分は英語ができないといけないと思ってひたすら英語の教材を買いました。

 

 

目的は一応考えてましたが本当に自分がしたいことではなかった証拠にほとんど勉強だけで終わって実際の行動に移してなかったことです。

 

 

 

なので成果が全く出てないのに無駄に時間とエネルギーを消費していました。

 

 

 

今は思ったような行動ができてないときは見直すようにしてますが見直しをしないと無駄にしてしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

気分で変わってしまう

 

 

 

最初の計画と現状で大きく違ってくる原因のひとつが気分です。

 

 

理由は朝の状態で気分が大きく変わってくるからです。

 

 

 

眠たいとどれだけ気持ちを前向きにしようとしても身体が動かないです。

 

 

お腹や頭が痛いなど、体調不良であとのことを考えてストップしてしまいます。

 

 

 

身体が動かないと気分が萎えてはかどらなくなります。

 

 

そのくらい気分は力を持っています。

 

 

気分だけでかなり変わってくるのでいかにいい気分で活動をするかが大事です。

 

 

 

気分で活動をするものではないですが、お金をもらって活動しているわけではないので今ひとつ力が入らなくなってしまうのは仕方がないです。

 

 

計画しても現実は途中でいろんな問題が出てくると思って無理してやり通すか方法を変えるかを一度確認して計画をするほうがいいです。

 

 

 

 

一人の時間が上手く作れないときは

 

 

 

朝活の強みのひとつは一人の時間を作ることができることですが朝に家族と過ごす時間ができるとどうしても自分の時間を作ることが難しいです。

 

 

 

朝活の時間は話しかけられても自分のことに集中するか、その日の朝活はストップする。

 

 

 

理由は自分以外の誰かがいると全く集中ができなくなるからです。

 

 

 

気にしないようにしてもいれば気になるし、話しかけられれば話さないといけないです。

 

 

 

少しでも人の気配があれば気がそこにいってしまうので集中力がなくなってしまいます。

 

 

自分のことに集中できるのが朝活の強みなので集中できないときは無理してすることはないです。

 

 

もし続けるならその時間は割り切って自分に集中することです。

 

 

 

割り切ることも大事な行動の一つです。