この記事は約 5 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回は一人暮らしの朝活はについて。

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • 一人暮らしと家族がいるときの違いは?
  • 一人暮らしの朝活はどんな時間の使い方をするといいのか
  • 家族を持ったときの朝活の仕方も知りたい
  • いろんなパターンの朝活について知りたい

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 一人暮らしの時の朝活の仕方がわかるようになる
  • どんな時間の使い方をすればいいかわかるようになる
  • いろんな状況の朝活の仕方がわかるようになる

 

 

 

 

結論からいうと一人暮らし時の朝活は制限がないのでこのタイミングでスキルアップに集中する期間にするのに最適です。

 

 

 

 

デメリットもけっこうあるのでそのあたりや自分の体験も含めて書いていきます。

 

 

 

 

 

一人暮らしでの朝活のメリットとデメリット

 

 

 

 

 

 

一人暮らしの時の朝活のメリットは次のとおり。

 

 

 

  • 自分の時間を制限なく使える
  • 人や環境の制限がなく自由に活動することができる
  • 自由にお金を使うことができる

 

 

 

 

自分の時間を制限なく使える

 

 

 

 

自分の時間を制限なく持つことができるのは一人暮らしの最大の強みです。

 

 

理由は誰にも邪魔をされないうえに自分で調整をすることができるから。

 

 

 

 

その気になれば早めに起きてずっと活動することもできます。

 

 

それにずっとしても怒られないのもいいです。

 

 

 

 

家族がいたら自分の時間を自由に使うことはかなり難しいです。

 

 

それに自分のことばかりしていると非難されます。

 

 

 

 

 

何をするか決まっていて、自由に使えるというセットは強力です。

 

 

 

この強みを生かしてスキルアップを目指すとかなり伸びます。

 

 

 

 

人や環境の制限がなく自由活動することができる

 

 

 

 

一人暮らしでの活動は環境に制限がないので自分の思ったような活動ができる。

 

 

 

 

例えば、めっちゃやりたいと思ったら邪魔されることがないので時間いっぱいまですることができるし、今日は休みたいと思ったら気兼ねなく休むことができます。

 

 

 

休むのは家族がいても気になりませんが、めっちゃするとなると自分のことだけに集中することになるので視線が痛いです。

 

 

 

なので自由がきいて環境に左右されないのも一人暮らしの強みです。

 

 

 

 

 

自由にお金を使うことができる

 

 

 

 

自分で稼いだお金を自分のためだけに使うことができる。

 

 

自由に使えるときは他人さんに迷惑をかけないかぎり使って自分に投資する。

 

 

 

 

例えば、自分のスキルアップのためでもいいし、お金を運用するでもいいです。

 

 

 

経験に使うことでもいいですし、本とかに使うのもいいです。

 

 

 

 

一人暮らしで何かよい習慣になるようなものをひとつでも残しておけば、あとあといい方向に流れます。

 

 

 

一人暮らしを改めて振り返ると感じますが、お金をもっとうまく使えばよかったと今になってわかる部分がたくさんあります。

 

 

 

浪費になる使い方をしても結局は何も残りません。

 

 

 

いい例が愚痴だけ聞かされるような飲み会。

 

 

 

 

時間の無駄でもあるけど、お金の無駄でもあります。

 

 

 

その時間とお金があるならけっこうしんどいけど、自分に投資するべきです。

 

 

 

 

一人暮らしのデメリットは

 

 

 

デメリットは次の二つです。

 

 

  • 制限がないため自分をコントロールしないといけない
  • 周りに誰もいないので孤独との戦い

 

 

 

 

制限がないため自分をコントロールしないといけない

 

 

 

 

制限がないので気持ちやペースを自分でコントロールしないといけないです。

 

 

 

制限時間がないといつまでやるのか、どのくらいするのか決めておかないとだらだらになってしまいます。

 

 

 

それにさぼっても誰かに見られているわけでもないし、怒られるわけでもないので怠けることもできる。

 

 

 

できないからといって誰かに責められるわけでもないです。

 

 

 

 

これだと朝活を始めても結局、時間を無駄にしてしまいます。

 

 

 

いかに自分の時間と気持ちをコントロールすることができるかが大事になってきます。

 

 

 

 

 

 

誰もいないので孤独との戦い

 

 

 

 

理由は次の通りです

 

 

  • 一人だと朝活に限らず孤独な戦いになる。
  • 人の目線がないので孤独を感じやすくなる
  • 活動をしてもなんの意味があるのかわからなくなる

 

 

 

はじめのうちは一人で活動することは楽しいと感じますが、時間が経つにつれて孤独な感じがどうしても出てきます。

 

 

 

理由は人がいないから。

 

 

 

人がいると自分の都合できないけど、人がいる安心感がありますが、一人暮らしだと感じにくい。

 

 

 

一人暮らしは孤独との戦いのような感じなので、活動するにもけっこうなエネルギーが必要です。

 

 

 

一人暮らしに慣れているから朝ひとりでも大丈夫と言われそうですが、一人でいかに気持ちを保つかが肝になってきます

 

 

 

 

僕の体験談です。

 

 

 

一人暮らしの朝活は本当に孤独だったのを覚えています。

 

 

 

その時は本を読んだり音楽を聴いたりしてテンションを高めることに時間を使っていました。

 

 

 

理由を今考えると、何もすることがなかっただけでなくて、何をしていいかわからなかったんだと思っています。

 

 

 

目的がはっきりしてないうえに何をしていいかわからないととりあえず何をしても続かないし、時間を浪費しただけだし、ストレス発散のためのお金の使い方しかできなくなってしまいました。

 

 

 

一人暮らしで何をするかで何をするかをはっきり決めて飽きさせない工夫をする。

 

 

 

これを決めて実行するだけで変わっていたのかもと振り返ってます。

 

 

 

今回はこれで以上ですが、一人暮らしの朝活をするときはメリットとデメリットをしっかり知ることが大事です。

 

 

一人暮らしでの朝活は時間に制限がないため自分のやりたい時間できる。
環境に左右されないで活動することができる。

 

 

メリットばかり追求しても結局は気持ちがなえてしまいます。

 

 

 

なので、

 

 

 

自分をコントロールしないと何もかもが逆効果になる
孤独との戦いと意識すると活動しやすくなる

 

 

みたいなデメリットも知っておくと気持ちのバランスをとりやすくなります。

 

 

 

一人暮らしの朝活に何をしたいか決まっている人にとってはこれほどいいことはないです。

 

 

どれだけ早く起きても部屋のなかはひとりなので迷惑になることはないです。