この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は挑戦しても誰にも言わなくてもいいことについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

挑戦をするときは高々と宣言をしないといけないと思っている人

宣言するほうがかっこいいと思っている人

挑戦をすると失敗したときが怖いと感じる人

 

 

これを見ることで、

 

 

挑戦をしても人に言わなくていいことがわかる

宣言する必要がなくなる

自分のための挑戦に帰ることができる

 

 

 

 

このことについて詳しく書いていきます。

 

 

 

挑戦するとうまくいったときはいいですがスムーズにいくのはかなりまれです。

 

 

 

なのでうまくいくほうが珍しくて失敗するほうが当たり前です。

 

 

 

失敗して人に笑われるんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

 

 

 

それなら別に人に言わなくてもいいです。

自分がしたいなって思ったこと、感じたことはやってみることのほうが大事でなんか違うなって感じたらそのときに立ち止まって考えたらいいです。

 

 

 

宣言は無理して言わなくていいことで新しいことに挑戦してもそんなに気にしなくていいことを過去の自分に伝えるように書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

挑戦しても誰にも言わなくてもいい理由とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく始めるときに宣言をしなくていい

 

 

 

 

新しく始めるときはわざわざ誰かにいわなくていいです。

 

 

 

理由は宣言してしまうと、

 

 

 

  • 軽くディスられる
  • 根拠のない噂が出始める
  • 逃げれなくなる

 

 

 

 

実際にどんなことでも新しく始めたときは周りからけっこう言われましたし、すさまじい時もありましたがそこはまだよかったです。

 

 

 

そのあたりは言われても仕方がないと思ってたし、理解をしてくれる人はしてくれるし関わっているすべての人に理解してもらおうともあまり思ってもなかったので気にはなってもあまり深くは感じてませんでした。

 

 

 

 

周りの噂は思った以上に傷つかないし自分の糧になるのでそんなに気にしなくてもいいし、深くは気にならないです。

 

 

 

 

 

 

周りのディスりよりも萎えさせるのは

 

 

 

 

自分へのプレッシャーと自分の協力者や仲間だと思っていた目線と言葉はしんどいし萎えます。

 

 

 

 

そう考えると傍観してくれる人は全然ましなほうです。

 

 

 

 

本当に傷つくのは仲間だと思っている人からの攻撃が痛いし萎えます。

 

 

 

 

 

萎えるだけならいいけど下手をすると心が折れます。

 

 

 

 

悪気がないかもしれないけど人によっては弱い部分や細かい部分まで攻撃してくる人もいます。

 

 

 

 

特に仲間と思っていた人からの攻撃はけっこう傷つきます。

 

 

 

 

 

「おれはできるのになんでお前はできないんだ?」

 

 

 

 

言葉にしなくても無意識に伝わってきますし偉そうに感じて怒りを通り越して悲しい気持ちになってしまいます。

 

 

 

 

 

それに耐えれるくらいの意思があるならともかく、新しく始めるのはどんなことでも不安でいっぱいなはずです。

 

 

 

 

結果が出なくて甘えてしまうのはいけないけどそれを原因に仲間だと思っていた人に攻撃されるほど痛いものはないです。

 

 

 

 

 

プレッシャーに強くて行動力がある人ならともかく、すぐに心が砕けてしまうとこのプレッシャーは余計な負担でしかなかったかもしれません。

 

 

 

 

 

なら挑戦しても誰にも言わない選択があってもいいしそのほうが気楽で長続きします。

 

 

 

 

 

 

宣言したことが自分に合うとは限らない

 

 

 

 

何か始めるには絶対に宣言したほうがいいといいますが、それが自分にあってないものだと悲惨な結果が待っています。

 

 

 

 

 

宣言したあとでなんか違うなと感じることは多々あります。

 

 

 

 

ただ宣言してしまうとまた変更するのは気が重いしそのあたりは人は敏感に反応するのでよほどの事情がないかぎりは新たに何かを始める事になったときは人がついてこなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

それに自分に合わないのに無理やり続けると違和感を持ったまま続けてしまうので気持ちがしんどくなるだけです。

 

 

 

 

 

自分にあってないことを無理して当たり前にしてしまうかもしれないです。

 

 

 

 

それだと無意識にできない自分を作り上げてしまう。

 

 

 

 

それなら何か挑戦するときは人に言わずにひっそり始める。

 

 

 

 

自信がついてきたら宣言するのがいいかなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

始める理由はなんとなく自分がしたいことでいい

 

 

 

 

理由はなんでもいいので自分がふとしたいことがあれば、行動に移す。

 

 

 

 

理由はやりたいなって思った時がチャンスで行動する理由になります

 

 

 

 

例えば僕がブログをしたいなって思ったのは、

 

 

 

 

・何か趣味になるものがあればいいな

・収入に関係なく続けることができればいいな

 

 

 

 

というくらいの感覚で始めました。

 

 

 

今もそんな感覚でやっているところもあるし、欲をいうとそれに何か+αあればいいなって。

 

 

 

で、今も続いてます。

 

 

 

よく、新しく始める理由が見つからないという人がいますが理由はあとからでもなんとでもできます。

 

 

 

 

 

新しく始めるならきっかけ作りは大事

 

 

 

 

理由はあとからでもいいのはまずはきっかけ作っていく。

 

 

日常いろんなことに何かしらきっかけがあるんですよ。

 

 

 

例えば、

 

 

 

  • 仕事の中の何気ない会話。
  • いつもはスルーしてしまう景色
  • テレビやスマホなどの情報
  • 本屋

 

 

 

など、些細すぎるかもしれませんがこんな何気なさがきっかけになります。

 

 

 

なので、難しく固く考えず、自分がしたいと思ったことをするくらいの感覚で探すのがいいです。

 

 

 

 

 

最後に挑戦して失敗していこう

 

 

 

失敗はしてもいいと僕は思ってます。

 

 

 

新しく始めるのにどんなことでも失敗はつきものです。

 

 

失敗ってやっぱり怖いですよ。ホラー映画よりも恐怖に感じるかもしれませんよ。

 

 

 

 

けど、やっぱり少しの行動が大きく人生を変えてしまうことだってある。

 

 

それにチョイスミスすることもあるからそうなったら一度立ち止まって考える。

 

 

 

 

そこからまた見直すといいですよ。引き続き、僕も行動していきます。