この記事は約 3 分で読めます

 

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は日記を書く習慣にしやすい三行日記について。

 

 

三行日記はこんな人におすすめ。

 

 

  • 長々と日記が書けない。
  • 短くても中身の濃い日記にしたい
  • おすすめの書き方があったらいいなと思っている

 

 

 

 

この記事では、

 

 

  • 書くのが苦手な人でも日記が続きやすい書き方ができるようになる
  • 短くても中身の濃い日記にすることができる

 

 

 

日記を書いて15年になりますが、三行では足らなくなっていまは五行くらいで書くようにしてます。

 

 

 

結論をいうと、

 

  • 行数を決めて書くと進み具合は変わってきます。
  • 習慣化しやすくなります。

 

 

書きにくいなら短くして書くことで書きやすくなりますよ。

 

 

 

 

日記が書けないと悩むあなたにおすすめな三行日記、その理由とは?

 

 

 

 

 

 

日記を書くならまずは三行で書く。

理由は簡潔でわかりやすく、まとめやすいから。

 

 

 

例えば、書く量を決めずに書くと、

 

 

  • 調子よくたくさん書ける日もあればかなり少ない日も出てくる。
  • そうなると、気分で書いている感じが出る。

 

 

という感じになります。

 

はじめはテンションが高いのでたくさん書くことができます。

 

 

 

しばらくして書くことに慣れてくるとネタが尽きたような感じになってしまう。

 

たくさん書けなくなってしまってフェードアウトしてしまう。

 

 

 

これは過去に僕が日記を書いたときの失敗例です。

 

一日の出来事を全部、詳細に書くのは無理だと断言できます。

 

刺激的なことが普段では少ないうえに思い出すのに時間がかかります。

 

 

 

なので、三行にすることで印象に残ったこと書きやすくなります。

 

けっこう思った以上に書くことができますよ。

 

 

 

ほかにも日記を習慣にする方法【考えすぎないで!】にも習慣化することも書いているので参考になると思います。

 

 

 

 

 

 

三行日記のメリットデメリット

 

 

 

 

 

 

メリットは次の通りです。

 

 

  • 行数が決まっているので量に困らない
  • 一日の出来事を簡潔にまとめることがやりやすくなる
  • ちょうどいい量なので続けやすくなる

 

 

 

一番は、行数が決まっていること。

 

理由は気分で書く量を変えなくていいから。

 

 

 

書くことがたくさんある日もあればそんなにない日もあります。

 

 

三行と決まっていると進めやすくなる。

 

 

三行と決めているだけで書きやすくなるのは確かだと思ってます。

 

 

 

 

 

一方のデメリットですが。次のとおりです。

 

 

  • 書き慣れてくると三行では物足りなくなってしまう
  • もっと書きたいことが出てくるから迷ってしまう。

 

 

 

 

書きなれてくるともっと書きたくなるのはしかたないことです。

 

けど慣れてないうちに量を増やしすぎてしまうとそれが自然と基準になってしまう。

 

 

 

それに合わせて書かなくなってしまう。

 

 

 

例えば、今日は調子よく10行ぐらい書けた。

 

これが基準になったらずっと10行以上で書くことになります。

 

 

 

調子がいいからといって書きすぎるとあとで墓穴を掘る結果になってしまう危険があります。

 

 

たくさん書けるときにはたくさん書いたほうがいいという人はいます。

 

 

 

さきほど書いた基準が変わって自分が書きづらくなってしまうので行数は決めておくことで自分を抑える働きもしてくれます。

 

 

 

今回はこれで以上になりますが、引き続き、日記を書いていきます。