この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回はネットでほしくなるものが多すぎたらどうしたらいいかについて。

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • ネットでほしいものがたくさんあってついつい買ってしまう人
  • 買い物を防ぐにはどうするといいか知りたい人
  • 無理をして買わないようにするにはどうすればいいのか疑問に感じている人

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • ネットで買いすぎることをかなりの確率でやめることができる
  • 買い物欲をかなり消すことができる

 

 

 

結論からいうと現物の前に立つことと現金で買えるかどうか。

 

 

 

これだけで買い物欲をかなりおさえることができます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 



 

 

 

余計にものを買わないで済む方法とは

 

 

 

 

 

改めて書きますがこのふたつ。

 

 

  1. 現物の目の前にいくこと。
  2. 現金で買えるかどうか

 

 

 

 

1.現物の目の前にいくこと

 

 

現物の目の前にいくことです。

 

 

 

理由は欲しいと思った欲が一気に消える。

 

 

 

現物を見るとネットで思ってたのとイメージと大きく異なることが多いです。

 

 

 

服でも装飾品でもなんでもそうです。

 

 

 

ネットではほしいなって思ったものがあったとしたらすぐに買わずにいったん間を置く。

 

 

 

その時に現物があればそこに実際に行く。

 

 

 

昔と違ってネットの画像と実際のものの差はほとんどないですが、自分の思っているのとやっぱりなにか違うような感じがします。

 

 

 

違和感を感じたら気持ちが萎えて復活させるのはけっこう難しい。

 

 

 

その萎える感覚を活用して買い物欲を消すことができます。

 

 

 

買い物欲がなかなか消えないときは現物を目の前にしてみる。

 

 

 

実際にしてみるとけっこうな確率で消えます。

 

 

 

 

2.現金で買えるかどうかで判断する

 

 

 

理由はカードだと使った感覚がないから。

 

 

 

現金だと手持ちのお金が目に見えて減るから現実味を帯びます。

 

 

 

人は目に見えるものを減るのがいやな生き物だから現金で買っていいのかどうかを感情から理性に変わります。

 

 

 

理性に変わるとほしいものから損得勘定の思考に切り替わっています。

 

ほんとうに必要なら現金で払ってもほしいはず。

 

 

 

現金でもいいから欲しいと思ったら買うようにする。

 

これだけでもかなり抑えることができますよ。

 

 

 

必要以上にネットの情報を見ないようにする

 

 

 

 

理由は情報が入ったぶん、欲求が増えてくるから。

 

これは正しいとはいえ手元にスマホがあるとみてしまいます。

 

 

いつもせわしいといいですが、その合間には僕も含めて触る人がほとんど。

 

それに見ないと決めていても一度みるとどうしても見続けてしまう。

 

 

 

これは仕方がないことだと思っています。

 

 

みた分ほしくなるのは仕方がないことです。

 

 

見ても別にほしくならない人がいるかもしれませんがごく少数です。

 

 

実際に自分の周りのほとんどはネットで情報を集めているし、買い物もネットですることがほとんど。

 

 

見た分だけほしくなるのは仕方がないです。

 

けど、実際に買いたいものかどうかを確認することができます。

 

 

一度、現物を見る。

 

それが現金でもほしいかどうかをチェックして買うようにすると欲を限りなく消すことができますよ

 

 

ほかに欲を抑えることについては物欲を抑えきれないときの対処のしかたも参考にどうぞ。

 

 

最後に欲はあってしかるべき

 

 

 

理由は人だからどんな欲もわいてきます。

 

それを我慢するのはしたぶんだけの反動が大きい。

 

 

 

それが解放されるほうがこわいですよ。

 

なら欲をなえさせるほうが無駄に体と心を消費させなくてすみますよ。