この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は自分の感情に振り回されないためにはについて。

 

 

 

感情をコントロールするのはけっこう難しいように感じるかもしれません。

けど、意外とコントロールできるものです。

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 感情をうまくコントロールしたいけど、うまくにコントロールできない人
  • 感情にまかせて言わなくていいことをいってしまう人
  • 本音を出しすぎてしまう人

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • 感情のコントロールの仕方がわかるようになる
  • 感情に任せる行動をする必要を感じなくなる

 

 

 

 

 

今回はこの本の力を借りながら過去、そして未来の自分に向けて書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

感情をコントロールするには

 

 

 

 

 

自分の感情にこだわらないようにしていくことです。

 

 

理由は自分の感情ほど、あてにならないからです。

 

 

 

 

例えば、怒りにまかせて言葉を発したのはいいけど、それで何が残ったのか。

 

 

結局は気まずさとしこりだけが残ってしまいます。

 

 

 

 

自分の感情に従った僕の失敗例

 

 

僕は一度、すごいビジネス話という話を聞いて挑戦してみました。

 

 

挑戦した理由が自分がすごいと感じたからです。

 

 

 

 

これが失敗しました。

 

 

 

実際にやってみるとことごとく失敗続きで失敗したあげく、前に勤めていた会社をやめることになったし、勧めてきた人からも見放されるし僕自身も今ではよく詳細のわからない謎な行動をしていました。

 

 

 

 

失敗した原因はやったらすごいことが起こると勝手にいろんな感情を先行させてしまったからです。

 

 

 

 

今では違う会社のサラリーマンをしてますが結局、一番やっていて違和感なくできたのはサラリーマンでした。

 

 

 

長くなりましたが、感情で動くと自分に合ってないことに時間と労力、気持ちまでも浪費してしまうので注意が必要です。

 

 

 

 

感情に振り回されないためには

 

 

自分の感情を無視することです。

 

 

理由は こだわったところで意味がないからです。

 

 

 

さきほど僕の例でもあげましたし、思い当たることもあると思います。

 

 

 

その場では冷静に判断できずに感情で言葉を発することがあると思いますし、僕もよく感じたことをそのまま言葉にして反感を買うことがよくあります。

 

 

 

この本の内容を少しずつ実践して感情を無視することを覚えました。

 

 

 

自分の感情も大事ではないかと思うかもしれません。

 

 

 

僕も以前はそう思っていたし、周りも自分の感情は大事だという人はたくさんいます。

 

 

 

けど、改めて自分の過去を振り返ると自分の感情を優先させたらうまくいかないことがほとんどという事実だけが残っている感じです。

 

 

なので感情に振り回されないためには自分の感情は無視する。

 

 

それだけでもかなり生きやすくなります。

 

 

 

 

自分の感情よりも他人の感情を意識する

 

 

 

自分の感情よりも他人の感情を意識することが重要です。

 

 

理由は他人の感情は意外に自分に関わってくるからです。

 

 

 

例えば、雰囲気。

 

 

 

前にも周りの雰囲気に惑わされないようにするには【自分も引きずられているかも】 に書きましたが雰囲気も人の感情が作り出した空間です。

 

 

 

その空間のマイナス要素が強いと自分が大丈夫でもいつの間にかその雰囲気にのまれてしまいます。

 

 

 

逆に自分の作った感情で、人を巻き込んでしまうことも考えれます。

 

 

 

こう書くと毎日ハッピーで過ごさないといけないのかというとそうではないです。

人なのでどうしても感情の起伏はあります。

 

 

 

人の感情を感じながらも自分の感情は無視しておく。

 

 

 

感情を感じることは人の気持ちをそのまま感じることにつながるので自分の感情を優先させていると感じづらくなるので注意です。

 

 

 

今回はこの本から学んだことの一部を実践して書きましたがその中でも自分の印象に残ったところから実践するだけでもやりがいがあります。

 

 

 

なにかしら自分が疑問に思っていることにこたえてくれるような部分もあってひさしぶりにおもろいを連発してしまいました。

 

 

 

youtube大学の中田敦彦さんおすすめ本でもあるので読む価値はありです。