この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は目標や計画をしても思い通りにいかない理由について。

 

 

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • いろんな目標や計画をしても思うようにならない
  • 自分が飽き性なのかなかなか続かない
  • たくさんあってもほとんど達成しない

 

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

  • 自分の立てた計画をうまく運用する参考になる
  • なぜうまくいかないのかの理由がわかる

 

 

 

 

 

僕は一時期、目標や綿密な計画を作ったことがありますがどれもうまくいった覚えがないです。

 

 

 

 

大事なことが抜け落ちていました。目標を修正することです。

 

 

 

 

 

修正する勇気があるとないとでは全然違います。

 

 

 

 

でも全然むずかしいことではないのでやるかやらないかの差だけです。

 

 

 

 

 

今回もこの本の力を借りていきます。

 

 

 


 

 

 

 

目標や計画をしてもうまくいかない理由は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目標や計画の修正することをしていないからです。

 

 

 

修正をしてないと思わぬ方向に行ってしまうからです。

 

 

 

 

 

著書では飛行機を例に挙げていますが、飛行機が安定して飛べるのは微妙な調整をしているからだそうです。

 

 

 

 

 

身近な例でいうと、車やバイクの運転もそうです。

 

 

 

 

 

何もしないでまっすぐに進むことはまずないです。

 

 

 

 

 

ハンドルを微調整しないだけで変なところにいってしまうし下手をすればぶつかってしまいます。

 

 

 

 

微妙に調整をしながらまっすぐになるように自然と体が動いてます。微妙な調整のおかげでまっすぐに保つことができます。

人生でも修正する力は必要

 

 

 

 

 

乗り物のように目に見えないのでわかりにくいですが修正をしないと自分が計画したとおりにはいきません。

 

 

 

 

目標や計画は立てても必ず修正しないといけない場面に遭遇します。

 

 

 

 

例えば、毎日ブログを書いて収益をあげることを目標とします。

 

 

 

 

そのときにいろんな行動の計画を立てます。

 

 

 

 

ブログを書く時間やネタをそろえる時間やそこから収益が生まれるかどうかなど。

 

 

 

 

自分の理想を計画のなかにいれます。

 

 

 

そして自分の思ったとおりの収益をあげることができる。

 

 

 

 

 

これは理想であって現実は理想どおりになるかというとなりません。

 

 

 

計画どおりの収益があがるかというとそんなことはないです。

 

 

 

 

 

もし計画通りだったならそれは奇跡です。

 

 

 

通常は思ったよりも上がらないし、ゼロなこともあります。

 

 

 

 

計画と大幅に違うことがあります。

 

 

 

 

 

大事なのは目標そのものではない

 

 

 

 

目標そのものよりその過程で修正できているかどうかです。

 

 

 

目標の達成が難しいならそれから修正していく。

 

 

 

 

 

うまくいかない人は現実と計画のずれを確認してしっかり修正をしてないから。

 

 

 

 

はじめに立てた目標がうまくいかずに気分的に萎えてあきらめてしまいやすいのははじめの目標がうまくいくと思って固執しているから。

 

 

 

 

これは僕のことで修正をしてなかったため、計画や目標をたてても結局のところ達成することはなかったです。

 

 

 

計画をたてたから、行動したからといってうまくいくと自分の頭の中でストーリーを作ってました。

 

 

 

修正しないとそのままうまくいくなんてありえないです。

 

 

 

 

逆にうまくいく人は自分が立てた目標と大きく違うなら目標から行動まで見直すのがうまくて当たり前のように行動する人。

 

 

 

修正する力と行動力がある人はうまくいきやすいし、実際にうまくいっていることのほうが多いです。

 

 

 

目標にたどりつくならまずは修正する力を身に付ける。

 

 

よく何事もなく進める人がいますがそれはまれな例です。

 

 

 

まれな例をまねするとけっこうな痛い目にあいます。

 

 

 

 

なので、目標や計画をたてても常に計画をすることを忘れないようにするだけで結果が変わってきます。

 

 

 

 

 

修正する力は特別ではない

 

 

 

 

 

今回はこれで以上ですが修正する力はそんな難しいことではないし、実際に日常で経験済みの人のほうがほとんどです。

 

 

 

 

車を例に出しましたが、仕事でも家庭でも微調整しないといけない場面はたくさんあります。

 

 

 

 

それを目標にすり替えていくだけ。

 

 

 

難しく考えずに詰まったら一度、原因を探す。

 

 

 

 

 

見つかったら修正して行動に移せばいいし、見つからなくても行動しながら見つける。

 

 

 

それを何度も繰り返すことです。

 

 

 

一回うまくいかなかったからといってあきらめずに再チャレンジ。

 

 

 

 

 

 

うまくいけばそれでいいし、うまくいかないとまた修正をする。

 

 

 

その繰り返しですがその繰り返しができる人ほどどんなこともうまくいきやすくなります。

 

 

 

 

 

自分の計画を一度、見直す機会になればと思っています。