この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は目標はあったほうがいいのかどうかについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 目標を書いても結局やらないことが多いから立ててもしょうがない
  • 書いても達成ができない人
  • 目標が生きてくるようにするにはどうするといいのか

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • どんな目標を立てるといいのかわかるようになる
  • どうすると目標がいきてくるかが理解できる

 

 

 

 

目標はたくさんあるほうがいいという人もいる一方で目標があるとしんどいと感じる人もいます。

 

 

 

どんな違いがあるのかと目標はどのくらいあるといいのかについて書いていきます。

 

 

 

 

 

目標はあったほうがいいのか

 

 

 

 

 

 

目標にしんどさに感じる理由は

 

 

 

小さな目標よりも大きな目標に焦点が当たっているからです。

 

 

 

大きすぎると動けなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

動けないことがストレスになってしまいます。

 

 

 

ストレスになると目標が煩わしくなってきてみるのが嫌になります。

 

 

 

 

 

例えば月100万円稼ぐという目標にするとします。

 

 

 

人によってはこれが大きな負担になります。

 

 

 

 

それにこれを掲げた理由がはっきりしてないと書くだけの目標になって見るのもしんどくなって目標疲れを起こしてしまいます。

 

 

 

 

どうがんばっても無理そうな感じなのにしがみついてほかのことが何もできなくなってしまうほうが時間がもったいないです。

 

 

 

 

 

大きな目標が負担なら自分に焦点をあてる

 

 

 

 

 

そして大きな目標が自分にとって満足になるのかどうか。

 

 

 

 

負担になり、ほかのことがいやになるようなら切り替えることも大事です。

 

 

 

 

 

それを逃げていると思う人もいるかもしれませんが、そう思うのは人の勝手です。

 

 

 

 

大事なのは自分がどうかということ。

 

 

 

 

その目標にやりがいも幸せも感じないのならやっても時間と労力だけが消費します。

 

 

 

 

 

それはかなりもったいないので目標がいやと感じる人は小さな目標をたくさん作るほうが生きやすくなります。

 

 

 

 

 

目標は実現可能なレベルのほうが満足度があがる

 

 

 

 

なるべく小さな目標をたくさん作って実現可能か、少しがんばれば達成できるくらいがいいです。

 

 

 

 

実現が無理そうなものは長期で考えてもけっこうストレスになるししんどいです。

 

 

 

小さな目標があると簡単に達成できそうなものもあるし、少しがんばればなんとか達成できそうなものもあります。

 

 

 

達成が可能なものがたくさんあるとそのぶんやりがいが出てくるし、満足を感じる回数も増えてきます。

 

 

 

かなり生きやすくなります。

 

 

 

なので実現が可能な目標をたくさん作るほうが行動しやすいし、満足度も上がります。

 

 

 

 

目標はどのくらいあったらいいのか

 

 

 

 

だいたい10個くらいがいいです。

 

 

 

それ以上あると目標のための行動になってかなり制限がかかります。

 

 

 

少なければ少ないほど的を絞りやすく、焦点をあてやすいので行動がしやすくなります。

 

 

 

それが小さく、実現可能なものならテンポよく達成することが可能になってきます。

 

 

 

達成する数が増えれば増えるほど満足度も上がっていきますし、少なければそれだけ達成しやすくなります。

 

 

 

たくさんあるほうが目標らしくていいという人がいますがたくさんあっても達成できないと意味がないし、それが負担になっても意味がないです。

 

 

 

 

なので10個を目安にして全部叶ったら次の目標を書くくらいがいいです。