この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

 

今回は朝活はタイミングが大事だということについて。

 

 

 

活動を始めて10年以上になりますがうまくいくときとそうでないときとあります。

 

 

 

 

そのひとつがタイミングです。

 

 

 

 

 

今回はこんな人におすすめです。

 

 

 

  • いざやろうと思っても思ったような進め方ができない
  • 朝活をしていてうまくいくときといかないときがある

 

 

 

 

これをみることで

 

 

 

  • なぜうまくいかないかがわかるようになる
  • タイミングを外すことなく活動することができる回数を増やすことができる

 

 

 

 

物事にはうまくいくときとそうでないときがあります。

 

 

 

 

タイミングやチャンスといった言葉はよくビジネスに使われますが日常でもたくさんあります。

 

 

 

 

タイミングを外さないようにできると活動がスムーズに進めることができます。

 

 

 

 

 

朝活をメインに書いてますがそのほかのことにもタイミングをつかむ感覚を持っておくのはけっこう役立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

物事にはタイミングが大事だという話

 

 

 

 

 

 

 

なぜタイミングが大事なのか

 

 

 

理由はタイミングを外すとうまくいくものがいかなくなるからです。

 

 

 

例えば朝活で自分が一番集中しやすい時間が6時だとします。

 

 

 

その時間に合わせて活動すれば進めやすいですが寝坊したとかほかの人がいたとか事情が変わったときに時間がずれたりやる気が削がれたりするとやる気があっても進まなくなります。

 

 

 

どんなに体調が抜群によくてもほとんど活動が進まなくなります。

 

 

 

 

 

タイミングを外す要因は

 

 

 

 

例えば普段は一人で朝活をするのに家族の誰かが入ってきたとき。

 

 

二人になるとどうしても会話をするのでそこで集中力が途切れてしまいます。

 

 

 

 

 

集中力が途切れると復活させるのにかなり時間がかかってしまいます。

 

 

そこで活動するタイミングを外してしまいます。

 

 

 

 

 

 

活動するときは自分のことだけに集中することで内容の充実したものに変えることができるのでいかに自分の時間を持つことができるかが大事です。

 

 

 

 

 

 

なのでいかにタイミングを逃さずに活動することができるかで内容が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

タイミングはつかむよりも外さないほうが大事

 

 

 

 

例に出したように日常でもタイミングはありますがつかみにいくよりもいかに外さないようにするかに力をいれるほうがいいです。

 

 

 

 

理由はつかむ場面より外さない場面のほうが多いからです。

 

 

 

 

朝の活動もそうですし、何かやろうと思ってやるのもタイミングです。

 

 

 

 

いざ始めようと思っているのにほかに用事や人がからんだらやる気をそがれてしまいます。

 

 

 

 

それからやろうと思っても体力や気力、それに時間に余裕がない限りは難しいです。

 

 

 

 

なので外さないように自分がどう行動していくかが大事です。

 

 

 

 

 

いつも通りの時間で活動すること

 

 

 

タイミングを外さないようにするには いつも活動している時間や環境を変えないことです。

 

 

 

少しでも変わると感覚的に違和感がでてきます。

 

 

 

 

違和感が出ると少しずつずれてくるので活動にも影響がでてきます。

 

 

 

なので活動に影響が出ないようにするには時間や環境を変えないようにすることで進み具合も変わってきます。