この記事は約 2 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は週末の朝活のしかたについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 一週間同じようなペースで活動が出来ると思っている人
  • 週末の朝活にしんどさを感じる人

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

  • 週末の朝活の仕方がわかるようになる
  • しんどいと感じても朝活を続けることができる

 

 

 

 

週末になるにつれてしんどさを感じやすくなります。

 

 

 

今回のポイントは無理をしないことです。

 

 

 

 

 

週末の朝活のしかたについて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末は無理をしない活動にする

 

 

 

 

週末は無理をしないことを重点においたほうがいいです。

 

 

 

理由は週末は仕事や日常の疲れが一番でやすいからです。

 

 

 

仕事も一番やりにくいうえに生産性が上がりにくいのは金曜あたりです。

 

 

 

その状態で活動しても同じように生産性があがりにくいです。

 

 

 

無理をしない活動とは

 

 

必要以上に予定をいれないことと体調や体力に変化があったときです。

 

こういうときは無理をしないで休んだり体を動かさなくてもいいようなもので活動すると支障なくできます。

 

 

かりに考える作業を入れている時はインプット作業みたいな考えなくてもいいものに切り替えるのもいいです。

 

 

 

 

 

考える作業は意外と重労働です

 

 

 

体力を使わないとはいえ考える作業はしないほうがベターです。

 

 

 

理由は考える作業をしんどいときにやるとかなりしんどいし、体を動かしたようなしんどさを感じます。

 

 

 

 

なので少しでも変化を感じたときは無理をしないのも活動として大事な行動です。

 

 

 

 

 

休むというのも大事な行動のひとつ

 

 

 

 

 

活動というと何かしないといけないと思っているかもしれませんがそんなことはないです。

 

 

休むのは何もしないことではなくて次の行動のための大事な行動のひとつです。

 

 

 

ここで大事なのは意識して休むことを選んでいるのかということ。

 

 

 

活動の考えがないのに休んでいるのは単になまけているだけですが活動だけでなく一日の活動もしっかり見据えている休みならそれは活動のひとつです。

 

 

 

 

休むことを悪いと考えているかもしれませんがそれはいつも活動していない人だと悪く聞こえるだけなのでしっかり活動しているのなら全然いいことです。

 

 

 

 

 

 

作業するなら気楽さを求める

 

 

 

 

 

 

 

週末に活動をするなら無理をしなくていいものにすると気持ちの負担なく活動することができます。

 

 

 

例えばインプット作業なら読書をする、反復練習にできるものをするなど。

 

 

 

ウオーキングみたいに激しく体を動かさないでできるものでもいいです。

 

 

 

無理をしないようにするにはアウトプットのようなものにすると体も気持ちもしんどくなります。

 

 

 

なので気楽さを求めるのも活動の方法のひとつです。