この記事は約 4 分で読めます

この記事の最終更新日は 2020年2月24日 です。現在は状況が異なる場合がありますので予めご了承ください

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

 

今回は朝活を楽しむためにはどうしたらいいかについて。

 

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

 

  • 朝活での楽しみ方がわからない
  • どんなことをすると楽しむことができるのかが知りたい
  • 朝活を充実した時間に変えたい

 

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 朝活の楽しみ方がわかるようになる。
  • どんなことをすると楽しむことができるのかがわかるようになる

 

 

 

 

朝の活動が楽しくないと続かないし活動が楽しいと続きます。

 

 

 

 

楽しみながら続けるには目標を作ることで充実した時間に変えることができます。

 

 

 

 

朝活を初めて10年以上になりますが、はじめは活動の仕方がわからなかったのでなんとなく活動をしてました。

 

 

 

 

けど、やり続けていくと目標があったほうが楽しんで活動ができることが実感できました。

 

 

 

 

活動を楽しむためのポイントは目標を作ることです。

 

 

 

 

 

 

朝活を楽しむためには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ目標を作るといいのか

 

 

 

 

充実した朝活にするには目標を作って始める。

 

 

 

 

理由は朝活をする目的が見つからなくても目標があれば活動を充実させることができるからです。

 

 

 

 

朝活をするということを目的にすると朝活をすることがゴールになってしまうので朝活ができたことに満足してしまうしできなかったときのダメージが大きいのでやる気が萎えてしまいます。

 

 

 

 

なので朝活はあくまで自分が達成したい目標の通過点として考えたほうがいいです。

 

 

 

 

そして焦らないで長いスパンで考えることです。

 

 

 

 

はじめはなんとなく活動をしていたし朝活をすることに満足していたけど活動をすることが目的になってしまうと起きれなかったときの気持ちのダメージは大きいし、一日のリズムも崩れてしまいました。

 

 

 

回数を重ねてどんなことをしたらがわかってはじめて目的から目標に変えることができました。

 

 

 

 

はじめから飛ばして活動をうまくいかせようとさせる人もいますがはじめからうまくいくとそれが基準になってしまうのでコケたときにうまくいった基準に戻さないといけないのでかなりしんどくなってしまいます。

 

 

 

 

 

まずは失敗してもいいので目標を作って活動を始めることと、焦らないで長い目で朝活をすることで充実させることができます。

 

 

 

 

 

目標がないと続きにくい

 

 

 

 

どんなことでもいいので目標を作っておくことが大事です。

 

 

勉強なら〇〇ページするとか、読書なら〇〇ページまで読むとか。

 

 

予定があるならここまでするとかなどを決めておくことです。

 

 

 

 

 

理由は目標がないと動く理由がなくなるからです。

 

 

 

 

目標がないまま朝活をするとなんで理由もないのに早起きしないといけないのかという気持ちになってしまいます。

 

 

 

なんで早起きしてまでみたいな疑問を感じるとそこに意識を奪われて朝活が楽しくなくなってしまいます。

 

 

 

楽しめないと活動が続きにくくなるし寝ているほうがましに感じます。

 

 

 

時間のムダと考えてしまって気持ちがなえてしまいます。

 

 

 

逆に目標がある朝活だと、

 

 

 

  • 朝の時間を使って自分のしたいことをしよう
  • どんなことをするとその時間が充実するのか
  • その時間で自分に投資する時間を作っていく

 

 

 

 

と活動的になりやすい気持ちになれるし意識をしなくても気持ちを自然と上げることができます。

 

 

 

例えですが朝活でしたいのが英語だったとします。

 

 

 

 

活動の目標が英語を勉強するだけでは弱いので、英語を勉強して世界をめぐるが目的だったとします

 

 

 

目的に対して自分がしないといけないことを目標にすることで朝の時間が楽しくなるし生きてきます。

 

 

 

目標があると活動のしかたが変わってきますし、時間の使い方も違うし、内容の濃さも違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

目標は難しくしないほうがいい

 

 

 

 

ただ朝活をしたいとは思ってもまだ目標まではという人がいるかもしれません。

 

 

 

なので何でもいいので目標をもって活動するのがいいです。

 

 

 

その時のポイントは目標は難しいものでないほうがいいことです。

 

 

 

達成が難しいものだと気持ちが萎えてしまうしなかなか続かないです。

 

 

 

逆にすぐに達成できるもののほうがリズムを作りやすいし行動しやすいうえに活動を充実させてくれるので楽しんで活動することができます。

 

 

 

 

まずは簡単で難しくない目標を作って朝活をすると楽しんで活動することができます。

 

 

 

 

 

朝活のメリットを最大限に生かして目標を達成しよう

 

 

 

 

朝活は自分のために時間を作ることができる最強の時間帯なので目標を作って活動をすることが重要になってきます。

 

 

 

理由は、

 

 

 

・朝は基本、寝ている人が多いから差別化ができる。

・静かな空間だから集中できる。

 

 

 

 

例えば、勉強とか、資格をとるための学習、考えないといけないようなものなど、気が散るともう集中できないようなものをこの時間に持ってくるのがベスト。

 

 

 

 

こういうのって普段の時間にしようと思ってもできないことがほとんどでできたにしても継続が難しい。

 

 

 

 

例えば、ほかの時間で同じことをすると次の通り。

 

 

 

仕事の終わる時間が不確定。

肉体労働で体が疲れ切っている。

帰っても家事などをしないといけない

 

 

 

 

 

 

これらどれかがあっても勉強や続けたいことがあっても休みたい気持ちのほうが勝ってしまうし、休んでしまうと次の行動にエネルギーを消耗してしまう。

 

 

 

 

 

自分の時間を作るには朝のほうが安定しますし、続きやすい。

 

 

 

 

それに時間の経過が遅く感じるのはかなりおおきな要素の一つだし、朝に活動した人なら感じることだと思います。

 

 

 

感覚的なものなので人によって感じ方は違いますが、朝活をしていた周りのひとは遅く感じたようです。

 

 

 

自分の時間が持てて、そのうえ時間が過ぎるのが遅く感じるとなると活動するにはうってつけの時間です。

 

 

 

自分の時間がなかなか持てないと感じている人は朝の時間を考えてみて、行動に移すのも効果が期待できますよ。