この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

 

今回は朝活を楽しむためにはどうしたらいいかについて。

 

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

 

  • 朝活での楽しみ方がわからない
  • ほとんど勉強の時間にしているからほかのこともしたほうがいいのか迷う
  • 試しにいろんなことをしたけど、いまいちのめりこむことができない

 

 

 

 

 

朝の活動が楽しくないと続かないし活動が楽しいと続きます。

 

 

 

楽しみながら続けるにはどうするといいのか。

 

 

 

 

 

目標を作ることで続けやすくなります。

 

 

 

 

 

 

これを見ることで

 

 

 

  • 朝活の楽しみ方がわかるようになる。
  • どんなことをすると楽しむことができるのかがわかるようになる

 

 

 

 

朝活を初めて10年以上になりますが、はじめはよくわからないまま活動してました。

 

 

 

 

けど、やり続けていくと目標があったほうが意外と楽しく続けやすいということ。

 

 

 

 

 

 

朝活を楽しむためには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的より目標をもつと活動が楽しくなる

 

 

 

 

 

また書きますが、朝活をする目標を持つことから始める。

 

 

 

朝活をする目的が見つからなくても目標があれば活動を充実させることができます。

 

 

 

 

 

 

朝活をするという目的がをなくても朝活を充実させるための目標があるとそれを達成するために自発的になりやすいので活動が楽しめるからです。

 

 

 

 

 

朝活だけでなくて、どんなことをするにしても目標がないと行動してもすぐに萎えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

目的や目標がないと続きにくい

 

 

 

 

 

例えば、目的や目標がないまま朝活をするとなんか楽しくない気分になります。

 

 

 

楽しくないのでやってても続きにくくなるし寝ているほうがましに感じます。

 

 

 

時間のムダと考えてしまって気持ちがなえてしまいます。

 

 

 

 

 

 

一方、目的や目標がある朝活だと、

 

 

 

  • 朝の時間を使ってどんなことをするのか
  • どんなことをするとその時間が充実するのか
  • その時間で自分に投資する時間になっているか

 

 

 

 

このように考えて朝活をすると時間が活かされてきます。

 

 

 

 

例えば、英語の勉強。

 

 

 

英語のスキルを身につけて会社に貢献する⇦目的

そのために英検の資格をとる⇐目標

 

 

 

 

そうすると、どの時間なら大丈夫なのか。

ここで朝の時間の力が発揮されます。

 

 

 

 

目標があって活動のしかたが変わってきますし、時間の使い方も違うし、内容の濃さも違ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

目標は難しくしないほうがいい

 

 

 

 

そこまでまだ目標ができないという人がいるかかもしれません。

 

 

 

 

けど、何でもいいので目標をもって活動するのがいいです。

 

 

 

 

目標は難しいものでないほうがいいし、すぐに達成できるもののほうが行動しやす活動を充実させてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

まずは朝活をする目的や目標を持つこと。活動するのに大事な要素になってきます。

 

 

 

 

 

 

朝活のいいところとは

 

 

 

朝活は自分のために時間を作ることができる最強の時間帯です。

 

 

 

 

これは大事なことで、特に家族を持っている人にとっては朝の時間ってかなり貴重な時間です。

 

 

 

 

理由は、

 

 

 

・朝は基本、寝ている人が多いから差別化ができる。

・静かな空間だから集中できる。

 

 

 

 

例えば、勉強とか、資格をとるための学習、考えないといけないようなものなど、気が散るともう集中できないようなものをこの時間に持ってくるのがベスト。

 

 

 

 

こういうのって普段の時間にしようと思ってもできないことがほとんどでできたにしても継続が難しい。

 

 

 

 

例えば、ほかの時間で同じことをすると次の通り。

 

 

 

仕事の終わる時間が不確定。

肉体労働で体が疲れ切っている。

帰っても家事などをしないといけない

 

 

 

 

 

 

これらどれかがあっても勉強や続けたいことがあっても休みたい気持ちのほうが勝ってしまうし、休んでしまうと次の行動にエネルギーを消耗してしまう。

 

 

 

 

 

自分の時間を作るには朝のほうが安定しますし、続きやすい。

 

 

 

 

それに時間の経過が遅く感じるのはかなりおおきな要素の一つだし、朝に活動した人なら感じることだと思います。

 

 

 

感覚的なものなので人によって感じ方は違いますが、朝活をしていた周りのひとは遅く感じたようです。

 

 

 

自分の時間が持てて、そのうえ時間が過ぎるのが遅く感じるとなると活動するにはうってつけの時間です。

 

 

 

自分の時間がなかなか持てないと感じている人は朝の時間を考えてみて、行動に移すのも効果が期待できますよ。