この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は日記に

 

 

  • 日記を書くだけではおもしろくない。
  • 自分のしたことを日記に充実させた日記にしたい
  • 後で振り返ったらおもしろいと思えるような日記を書きたい

 

 

これを見ることで、

 

 

  • 見返してもおもしろいなって感じる日記を書くことができる
  • 日記の内容を充実させることができる

 

 

方法の一つとして記録を加えると内容が充実します。

 

 

それに日記に書いた記録を見返したときは成長の度合いを振り返ることができるし、それを見ると楽しくなってきます。

 

 

どう書いていくといいのか、日記を書くことが続かないという人は記録を加える一工夫をすると続きやすくなります。

 

 

 

 

日記を充実させるには

 

 

 

 

 

日記の中に成長記録になるようなことを書く。

 

 

 

理由は日記のなかに記録したいことを書き加えることによって内容が充実します。

 

書くことに慣れてないと逆に一日のことを書くだけではすぐに飽きます。

 

 

 

なので、成長が目に見えてわかる内容にすると見返すとおもしろいです。

 

 

 

成長を記録するなら数字は必須

 

 

成長の過程が結果として残すなら数字であらわすと目に見えてわかるので日記としての書いてておもしろみがありますよ。

 

 

数字ってそれだけ威力があるし、一番はっきりしている結果なので残すと、とてもおもしろいですよ。

 

 

 

僕の場合、体を動かす時間を書いてました。

 

 

  • どのくらい体を動かしたか
  • 何回できるようになったか
  • どんなことができるようになったか

 

すごく綿密に書くことはしてないし、ざっくり書くような感じ。

 

あまりこだわって書いているとそのほうがしんどくなるのでざっくりで。

 

 

それが積み重なっていくと自分の成長を感じとれますよ。

 

 

それに自分の成長を記録しておくのもあとで見返すとやっぱりおもしろい。
ほかにも資格の勉強もそうです。

 

 

例えば進み具合

 

 

はじめは全然進まなかったのに今はかなり進んでいる。

 

 

日記に何も書かないと実感がわきにくいですが、記録として残しておくとやっぱり自分って成長しているんだなって感じることができますよ。

 

 

 

ただ、現実に残したくない記録もあると思います。

 

僕も都合のいい記録しか残したくないときもあります。

 

 

それでも一応記録を残すと自分が成長しているなって感じることができて、あとで見返すと書いてよかったと感じます。

 

 

なので日記に記録として書いておけば書く内容が充実しますよ。

 

 

 

どんなことを数字として残すといいのか

 

 

 

記録としてつけるならはじめにつけやすいものから始めるといいですよ。

例えば、このふたつ。

 

  • 体重
  • 勉強した時間

 

 

理由はほぼ、正確な数字が残せるから。

 

それと、記録をし続けることになれることです。

 

 

体重に関しては体重計に乗って数字をみてそれを日記のどこかに記録しておくだけ。
これを毎日続けるだけです。

 

 

習慣になれば、それほど苦にならないですよ。

 

 

ほかにも自分が取り組んでいるもの、例えば、勉強だったらその勉強した時間を記録しておく。

 

 

時間でもいいし、自分が覚えた単語の数などもいいですね。

 

 

 

これを記録することで

 

  • 中身が充実するくらいの量になる
  • その数字から自分がいろんなことを感じとれる

 

 

 

書いていくだけでも自分が見ていて楽しくなるような内容になってきます。

 

数字と記録になれてくれば、自分が本来数字にしたかったものを日記にするといいですよ。

 

 

そうすることで本来書きたかったことが充実した内容でかけてきます。

 

 

 

記録をつけるのは少し恥ずかしいし、抵抗があるものがあるかもしれません。

 

 

けど、上記はあくまで慣れるまでのものなのでなれたら自分が記録としてつけたいものを書く。

 

 

その数字を客観的に日記にすると内容が充実してきます。

 

 

まとめ

 

 

  • 日記は書くことだけではすぐに飽きてしまう。
  • 書きなれてないのもあり、書くことが見つからないときは記録として書いていく。
  • そのときは数字を意識することで書く内容が充実する

 

 

 

日記を書くときには自分があとで見返してもいいようなものにしていきたいですよね。

 

簡単に一工夫するなら記録として残しておくといいですよ。