この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は休みの朝活の時間の作り方について。

 

 

休みは時間があるように感じて意外と時間が作りにくい。

 

休みの日は時間を十分にとって活動したいですよね。

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • 家族サービスや家事をしていると平日より進まない人
  • 平日より多く、うまく時間を作りたい人

 

 

 

これを見ることで

 

 

  • 休みでも朝活で自分の時間を作ることができるようになる。
  • どう過ごすと朝活で時間を作ることができるようになるかわかるようになる

 

 

 

事実として家族がいると休みは自分の時間を作るのって意外と大変です。

 

仕事の日よりもきついです。

 

 

 

休みの過ごし方をどうするかを意識しないと時間だけが過ぎる。

 

もったいない時間の使い方をしてしまいます。

 

なので、工夫は必要になってきます。

 

 

 

今回は特に家族をお持ちの方向けに書いてます。

 

どんな工夫と意識が必要なのかを書いていきます。

 

 

 

 

休みのときの朝活の工夫するところは?

 

 

 

 

 

ひたすら活動に集中することです。

 

理由は休みだといろんな用事が舞い込んでくるから。

 

 

例えば、

 

  • 家族サービス
  • 家事
  • 諸々な用事

 

 

時間がとられて身動きがとれなくなります。

 

そうなると自分のことに時間を使うことができなくなってしまいます。

 

 

なので、ひたすら自分のことに集中するようにしていく。

 

 

 

なぜ休みほど朝のほうがいいのか

 

 

理由は朝が早いと予定が入りにくいから。

 

 

逆に家族が起きて活動するような時間に、朝の活動や自分のしたいことに集中できなくなってしまいます。

 

 

 

活動をはじめても集中し始めた思うときに用事が入る。

 

一回でも入ると連鎖が続きます。

 

 

なので、早めに集中するためには自分がすると決めたこと以外は何もしない。

 

これを意識するだけでも行動力と集中力が変わってきますよ。

 

 

休みでも朝のほうがいい理由とは

 

 

 

休みでも朝に活動するのがいいのは ほかの時間では集中しにくいから。

 

原因はいろいろあります。

 

 

  • 昼は家族と過ごす確率が高い
  • 集中力が低下している
  • 行動するのが単純にめんどくさい。

 

 

これは一例ですが、集中するほうが難しい。

 

 

夜では

 

  • その日の疲れがでるから集中しにくい
  • にぎやかになっていて集中できる環境ではない
  • 体が休む体制に入っている

 

 

それに加えて家族がいるなかで自分だけの時間を作ろうと思うならまちがいなくひんしゅくを買います。

 

 

そのため、自分のためにしっかり集中できる時間を作りやすいのは朝。

 

休みの朝ではなかなか眠気が強く感じるし、眠いから昼や夜のほうがいいという人もいます。

 

 

けど、時間をしっかりと活動する時間を作りやすいのは朝のほうが作りやすいのは朝活をしてての実感です。

 

 

なので、休みでも関係なく朝に活動するほうがいいですよ。

 

 

 

 

最後に休みでの活動に気をつけるべきこと。

 

 

 

普段と変わらない量や時間の活動をすることです。

 

 

理由はする量を変えてしまうと次の日の活動に影響が出るから。

 

 

 

休みだからといってあまり予定を入れすぎてしまうと身動きがとれなくなってしまいますし、ストレスがたまるだけです。

 

 

 

逆にほとんど活動ができなかったら妙な罪悪感をもって次の日にすすような感じになってしまいます。

 

 

 

僕の場合、調子がよかったり、いつもより時間があると思ったら調子に乗ってたくさん予定を入れてしまいます。

 

 

その感覚を持ったままだと次の日はけっこうやりづらいです。

 

 

逆に活動する予定だったのに何もしなかったらその沈んだ気分のまま朝活をすることになるのでこれもめんどくさい。

 

 

休みくらいは活動を休んでもいいじゃないかという人もいます。

 

 

それを予定しているならいいのですが、予定として活動をするならいつもと変わらないことを最低限したほうがいいですよ。

 

なのでいつもどおりにするくらいがいいですよ。

 

 

僕も引き続き、朝活を楽しんでいきます。