この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

今回は早く起きることができるのかについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

  • 毎朝スムーズに起きれない人
  • しっかり寝たくても寝れてない人
  • 悩みすぎて  ストレスを抱えやすい人

 

 

これを見ることで、

 

  • スムーズに起きるコツを知ることができる。
  • ストレスを抱えにくいような考え方を変えるきっかけを作ることができる。

 

 

 

朝活を続けて10年以上になりますが、どんなことに朝の時間をあてるかを毎日の課題にしています。

 

 

 

ただ、これもしっかり起きることができてはじめて、考えることができるのでスムーズに起きれないと意味がないと思っています。

 

 

 

 

 

 

朝活のためにスムーズに起きる方法とは

 

 

 

 

 

 

決まった時間に寝て、決まった時間に起きる。

 

 

 

理由は時間が決まっていると体が慣れて負担が軽減するから。

 

起きるときにしんどさを感じるのは

 

 

  • 決まった時間に寝たり起きたりしないから
  • 二度寝をして睡眠に不安を感じるから

 

 

できることならほぼ毎日、理想の体の状態で決まった時間に起きることができればうれしいし、やりたいことがめっちゃ捗ります。

 

 

 

中には波を作っても平気な人はいます。

 

ただ波があると、会社勤めをしてると朝をスムーズに起きることを難しいです。

 

 

 

なので、決まった時間に寝て起きる。

 

これだと体が楽になりますよ。

 

 

 

朝起きるのを邪魔する要素とは?

 

 

 

 

 

いろいろありますが、原因ではないかなと思うのは例えば、

 

 

 

  • 風邪などをこじらせてなかなか寝付くことができなかった
  • 鼻炎もち
  • 外が騒がしかった
  • ストレス

 

 

など、これらは軽減することができてもどうすることができない要素です。

これらに関しては自分でもどうすることもできないです。

 

 

 

風邪は薬を飲んで寝るしかないし、まず、何かする前に休んだほうがいいです。

 

 

 

ストレスは工夫次第で軽減可能です。
会社勤めをしているつきまとうストレス。

これを抱えすぎると睡眠に影響が出てきます。

 

 

 

こういうときはしっかり休むに限ります。

逆に無理をするほうがしんどいし、行動力が低下します。

 

 

 

こんなときは無理をしないで休んで、回復してから活動する。

無理な時は無理とはっきりさせることも大事です。

 

 

 

 

 

自分で引き起こしているものもある

 

 

 

上記で書いた原因のほかに

 

  • テレビやゲームで夜寝るのが遅くなった。
  • 飲み会などで帰るのが遅くなった。
  • 食べ過ぎ
  • 飲み過ぎ

 

 

があります。

 

 

会社に勤めているとどうしてもおつきあいをしないといけないとかあると思います。

つきあってしまうとはめを外してしまう。

 

 

 

そうなると体調とは関係なしに無理をしてしまう。

その負担の大きさが起きた時のだるさとして残ってしまう。

 

 

 

でもこれって自分で何とかなるようなことです。

朝スムーズに起きれるようになるには自分で引き起こしているものをなんとかする。

 

 

 

これがなんとかできるようになると起きることができそうですよね。

 

 

 

 

 

早く寝ることを意識するとほぼ解決する

 

 

 

理由はほかのものが邪魔になるだけということを再確認できるから。

 

 

はやめに寝るのにゲームは必要ないし、食べ過ぎることや飲みすぎることもないですよね。

 

 

 

僕は、寝ることを意識することでほかのことをほぼしなくなりました。

 

飲むのが好きなのでたまにはめを外しますが、ほんのわずかです。

 

 

 

それに無理をすると体調を崩しやすくなったということもあります。

 

 

 

なの健康のためというと聞こえはいいですが、無理ができない体になった感じです。

 

 

 

会社勤めをしている以上はおつきあいをしないといけないこともある人もいます。

 

 

 

けど、そんなにしょっちゅうあるわけではないし、飲みにいくのはストレス発散が主ではないかと思います。

 

 

その時間を自分の状態を整える時間にすることを意識する。

意識すると睡眠は外せないですし、決まっていると体調も整いやすくなります。

 

 

 

 

今回はこれでお開きにしますが、いい状態を維持するなら睡眠をしっかりとる。

しっかりとれるようになるには決まった時間に寝るようにする。

 

これを意識するだけでお金をかけないでも睡眠の質は向上しますよ。

 

引き続き、僕も決まった時間に寝て睡眠の質を上げていきます。