この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回は二度寝を防ぐにはどうするといいかについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

  • 朝活をしようとするけど二度寝をしてしまう人
  • 朝活に集中できるようにしたい人
  • 眠気をどうにかしたい人

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • 朝活で感じる眠気を解消することができる
  • 二度寝を防止することができる

 

 

 

朝活を続けて10年以上たちますが、いまだに眠い時はあります。

 

 

 

二度寝をしないためには強い光を浴びる。

 

 

 

これするだけでもずいぶん変わってきますよ。

 

 

 

 

 

二度寝を防ぐには

 

 

 

 

二度寝をしようとしたら

 

 

  • 強い光を浴びること
  • ゆっくり体を動かす

 

 

この二つを意識することです。

 

 

 

 

強い光を浴びる

 

 

理由は光を浴びることで目の覚め方が変わってくるから。

 

僕の場合、強い光を浴びるようにして目を覚ますようにしてます。

 

 

 

手っ取り早いのはスマホの光を浴びること。

 

 

あまりよくないけど、スマホの光は光が強すぎるので目を覚ましやすい。

 

夜に寝れなくなるくらいの光なのでかなり明るいです。

 

 

 

ただ、かなり強制的なので自然に起きるにはかなりしんどいから注意が必要です。

 

暗いので日光を浴びるのを期待すると起きることができなくなってしまう。

 

 

 

日光を浴びるのはどうか

 

 

よくおすすめの方法として日光を浴びるがあります。

 

けど、今の時期は朝活をする時間は暗い。

 

 

 

秋からは日の出る時間がかなり遅いのであまり期待できない。

 

例えば、休みの日とか、ゆっくりしてもいい時にするのはいいと思います

 

 

 

実際に自分も休みの時は自然を意識して起きるようにしてます。

 

ただ、これを平日のせわしい時間にするのはどうしても時間が足らない。

 

 

 

なので、すぐに目を覚まさせるならスマホの光を浴びるほうが手っ取り早く覚まさせることができます。

 

 

 

 

スマホの光が苦手なら

 

 

 

置き型のライトを使う、それか部屋を思い切って明るくする。

 

ただ、迷惑がかからないのは置き型です。

 

 

 

理由は部屋を明るくすると家族がいたらかなり迷惑になる可能性が高くなります。

 

置き型なら自分の範囲で光るくらいなのでちょうどいいです。

 

 

 

人によってはスマホの光が苦手な人もいますし、苦手意識を持つ人もいます。

 

すすめている僕もあまり好きではないほうです。

 

 

 

けど、お金をかけずに手っ取り早く目を覚ますにはスマホの光が早い。

 

なので二度寝を防ぐためにはスマホの光で起きると目を覚ましやすくなります。

 

 

 

 

体をゆっくり動かす

 

 

 

 

 

 

理由は徐々に慣らしていくため。

 

ゆっくり慣らしていくと体に負担をかけなくてすむからです。

 

 

 

 

すぐに起きて運動をする人もいるけど

 

 

これはあまりおすすめしない

理由は起きてすぐに動かすのは体によくないから

 

 

具体的には体の水分が不足しているから。

水分が不足しているのはかなり危険な状態です。

 

 

朝は寝ている間に水分がなくなっているからです。

その状態で運動するとさらに水分を消耗してしまいます。

 

 

水分が不足しているのは今の時期、あまり感じないかもしれない。

けど、けっこうだるさを感じやすいですよ。

 

 

なので二度寝を防ぐ対策にはおすすめしない。

もし、運動をするなら間を置くことが必要。

 

水分を摂って一時間ほどおくこと。

これなら水分もいきわたって体がずいぶん楽になります。

 

 

 

今回は二度寝を防ぐための方法について書きました。

引き続き、僕も二度寝をしないように体調に気を付けながら活動していきます。