この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は朝活をするのにどのくらい前に起きるといいのかについて。

 

 

こんな人におすすめです。

 

  • 朝活をするのにどのくらい前に起きるといいのかわからない人
  • 起きるのがあまり得意でない人
  • どのくらいがちょうどいいのか気になる人

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • 起きる時間がわかるようになる
  • 得意不得意に関係なく自分に合った時間に合わすことができる

 

 

最初に答えを書くと、

 

 

活動したい時間から逆算して起きるようにする。

 

そして、どのくらい活動したいか時間を決めておく。

 

 

 

 

この二つを意識的に決めておくことで起きる時間を決めやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

朝活をするのに何時に起きるといいのか

 

 

 

 

 

先ほども書きましたが自分が活動したい時間から逆算する。

 

これでどれくらいに起きればいいのかわかるようになります。

 

 

 

例えば、1時間したいならその時間から無理のない時間に起きるようにすればいいし、3時間欲しいなという人はその時間から逆算して起きるように調整するようにする。

 

 

こうすることで何時に起きればいいかわかるようになりますよ。

 

 

 

仕事の出勤時間も一緒に考える

 

 

 

理由は出勤時間がひとつのゴールになるから。

 

それに時間に制限をつけておくとより集中することができるから。

 

 

 

僕の場合ですが、今は7時に家を出ていますが、活動を1時間できるといいなとおもって起きる時間を逆算してます。

 

 

 

7時に出勤⇦朝活⇦起床する時間

 

 

 

仮に1時間、活動すると起きる時間は少なくとも6時には起きないと活動できないですよね。

 

 

 

起きるのに時間がかかったり、ほかの準備をしないといけないとなるともう少し早めに起きないといけなかったりします。

 

 

 

こうやって逆から考えていくと起きる時間が自然とわかってくるはずです。

 

 

 

 

制限のない行動はなあなあになります。

 

 

出勤時間という制限があれば不思議なもので意識しなくてもその時間でなんとかしようとする意識が働きます。

 

 

 

制限時間を意識することでかなりの集中力を発揮することができます。

 

 

 

なかには制限時間があったら焦ってしまうという人もいます。

 

けど、仕事の納期と違うから一緒にしないほうがいいですよ。

 

 

 

自分を無理にしばってもいい活動ができなくなってしまいます。

 

なので制限時間を活用して行動することを意識するといいですよ。

 

 

 

 

まとめると、

 

 

  • 活動する時間を逆算して起きるようにする
  • 出勤時間も一緒に考える
  • 制限時間も意識する

 

 

 

この三つを意識するだけで起きる時間に悩む必要はなくなりますよ。

 

 

 

最後に起きれなくても気にしない

 

 

 

自分の思った時間に起きることができなくても気にしないことです。

 

理由は誰かに怒られるわけではないから。

 

 

 

会社の場合、時によってはめちゃめちゃに言われます。

 

自分もいい気分ではないですよね。

 

 

 

朝活ができなかったとしても誰も責めるわけではないので。

 

責めるとしたらできなかったと感じる自分。

 

 

 

それで落ち込む必要はないし、できなかった自分を責めることはないですよ。

 

引き続き、活動を続けていきます。