この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今回は早寝早起きのデメリットについて。

 

 

早寝早起きは一般的にいいとされてますし、実際に習慣になるとけっこう元気で活動しやすいです。

 

 

ただ、そこだけに注目してしまうとしんどい目にあいます。

 

 

今回は早寝早起きのデメリットについて書いていきます。

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • 早寝早起きのデメリットを理解できる。
  • 理解したうえで自分の生活に必要かどうか考えれるようになる。

 

 

 

僕は必要ですが、そうでない人もいます。

なのでデメリットを知ったうえで挑戦するほうがいいですよ。

 

特に家族をお持ちの方向けに書いてます。

 

 

 

 

早寝早起きのデメリットとは

 

 

 

 

早寝のデメリットは

 

夜にできることが限られてくる

仕事をしていると習慣化しにくい

 

 

ひとつずつ説明していきます

 

 

 

夜にできることが限られてくる

 

 

 

理由は仕事から帰ってから寝るまでの時間が少ないこと。

 

早めに帰れてもやることって結構ありますよ。

 

 

例えば、洗濯などの家事。

 

めんどくさいけど、やっておかないと次の日がめんどくさい。

 

ほかにも

 

  • ご飯を食べる
  • 次の日の準備をする
  • お風呂に入る
  • 歯を磨く

 

 

ほかにもやることがあると思うし、それが終わって寝る準備ができますよね。

 

 

 

自己投資をするのは考えないほうがいい

 

 

 

 

理由は家族がいるから。

 

家族がいれば、一緒に過ごす時間を作らないといけない。

 

 

その時間も大事だし、仕事の終わったあとでもその時間がないといけないと思ってます。

 

家族との時間も含めて上記のことをすると時間が作れない。

 

 

 

時間を作るならどうしても遅くに就寝しないといけなくなります。

 

そんな欲がでると早寝をする習慣が身に付きにくくなります。

 

 

 

早寝をするなら

 

 

帰ってからの用事をすべて済ませて欲を出さない。

夜の自己投資を考えない。

 

 

 

早めに寝るなら余計なことを考えないようにすることが大事な意識になってきます。

 

 

 

 

早起きのデメリット

 

 

 

眠気とだるさが半端ないことです。

 

早起きはとにかく眠さとだるさとの闘いです。

 

 

 

これに打ち勝ててはじめて活動することができます。

 

 

 

なぜ、眠気とだるさがあるのか。

 

 

 

理由は朝が早いからです。

 

特に慣れてないと眠さが勝ってしまいます。

 

 

 

慣れてないうちは起きれても時間が経つと眠気がやばいことになる。

 

下手をすると一日続いてしまうので注意が必要です。

 

 

 

慣れても要注意

 

 

 

理由は体調や、気温、環境の変化でも起きやすさが変わるからです。

 

 

  • 体調は年齢を重ねると感じやすい
  • 気温は夏と冬では起きやすさがまったく違います。
  • 環境は例えば新しいこと、仕事や家庭でも変わる。

 

 

一日の流れを振り返ってみて同じように思うかもしれませんが、よく振り返ると微妙な変化はあります。

 

 

例えば会社で残業。

 

 

どのくらい残業したかでも違うし、夏と冬では疲労の仕方がまるで変わってきます。

ずっと動きっぱなしなのか、座りっぱなしでも変わります。

 

 

ほかにもあげると枚挙にいとまのないくらい、たくさん微妙なことがあります。

その微妙な変化が早起きに影響してきます。

 

 

 

大事なのは過信しないこと

 

 

 

慣れているとどうしても自分は大丈夫と過信しがちですが、上記のとおり、些細なことでコンディションが変化します。

 

 

 

いつチェックするのは難しいですが、どんな時が変化するのかを見つけるのは大事なことです。

 

 

 

なので早起きするときは日々のコンディションをチェックする習慣があると起きるのが楽になりますよ。

 

 

 

今回はこれで終わりますが、自分ももともと、早寝早起きは得意ではなかったですよ。

 

 

 

少しずつ、時間のことを気にし始めて自分のことができないと思った時に意識しただけです。

 

 

なんで早寝早起きをするか、目的を明確化するのも大事なことです。

 

引き続き、早寝早起きをがんばっていきます。