この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

今回はビジネス書の長所と短所について。

 

 

 

ビジネス書を読むのはとてもいいことですし、その本にしかないノウハウや考え方を手に入れることができます。

 

 

 

ただ、ビジネス書ばかり読んでいるのも考えものです。

 

 

ビジネス署の長所と短所について書いていきます。

 

 

 

今回はこんな人におすすめです。

 

 

 

  • 本を読むのはたいていビジネス書ばかりな人
  • ビジネス書でかなり満足している人

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

  • ビジネス書のほかに本を読むような選択肢が生まれる
  • ビジネス書だけが本だという概念が変わる

 

 

 

 

ビジネス書の長所と短所とは

 

 

 

 

 

まずは長所について。

 

 

長所は次のふたつです。

 

 

  • 読みやすい
  • 手っ取り早くノウハウや知識を手に入れることができる

 

 

 

読みやすい

 

 

 

ビジネス書はかなり読みやすいジャンルの本です。

 

 

理由は構成もしっかりしているし、テーマもはっきりしています。

 

 

 

 

読みやすいように難しい漢字もそんなに使われてないし、文字数が小説よりも少なくてすぐに読めてしまいます。

 

 

 

ほかにも、

 

 

  • 難しい感じならルビをふっていることが多い
  • 小説と比べると文字数が少ないし、一文字が大きいのがほとんど。
  • 本によっては図解での説明があるから内容も深く追求しなくてもある程度言いたいことがわかる。

 

 

 

 

いろんなビジネス書を読みましたが、どれも言いたいことがわかりやすいし、入りやすいです。

 

 

 

なので読むならどのジャンルの本よりも読みやすさが抜群です。

 

 

 

 

 

 

ビジネス書は手っ取り早くノウハウや知識を手に入れることができるツール

 

 

 

 

 

それに、手っ取り早くノウハウや知識を手に入れることができるのもビジネス書のいいところです。

 

 

 

 

理由はビジネス書にはその人の価値観や行動のノウハウが詰まってます。

 

 

 

実際に行動したことや理想、考え方などを数千円で買うことができるので最強です。

 

 

 

例えば、稼ぐためにはどんなことをするといいのか考えるとき、自分の力だけでは恐ろしく時間がかかってしまいます。

 

 

 

下手をすれば人生をすべて使ってしまうかもしれません(笑)

 

 

そんなことをしたくないし、そこまで時間を集中させるのは難しいです。

 

 

けど、ビジネス書があると成功した人の行動や考え方を手軽に知ることができるし、行動の仕方によっては自分に取り入れることができるので、時間をかけなくて済みます。

 

 

 

よく考えるとこれってすごいことです。

 

 

 

なかにはほぼ一生をかけて培ったものや経験として培ったものがあるかもしれないものを数千円で買うことができるから。

 

 

 

本を読む習慣がないなと感じる人でもビジネス本を読む習慣を身につけやすくなるし、読書を習慣づけるいいきっかけになります。

 

 

 

 

ビジネス書の短所は

 

 

 

次の二つです。

 

 

 

  • 考えなくなってしまう
  • 行動した気になるから

 

 

 

 

考えなくなってしまう

 

 

 

ビジネス書だけに特化すると考える力が落ちやすいです。

 

 

理由はあまりに読みやすいからです。

 

 

 

そこまで難しい表現がないし、そんなに考えなくても答えが本の中に書いているので相性は別として実行しやすいです。

 

 

 

なのでそんなに考えなくても行動しやすいので自分で考える力がかなり弱くなります。

 

 

 

過去の自分が一時期ビジネス書ばかり読む時期がありました。

 

 

 

 

そこでいろんな知識を得ることができたけど、考えることを放棄していたので考えて行動することがめんどくさくなってしまいました。

 

 

 

あとになってみると考えて行動しないと物事の本当の良さがわからないままだし、考える力が落ちると楽をすることしか考えつかなくなってしまいます。

 

 

 

活字になれたらビジネス書ばかりでなく、ほかの本や雑誌に目を向けるのもいいです。

 

 

 

 

行動した気になる

 

 

 

 

ビジネス書の中には読むとかなりテンションが上がるものもあります。

 

 

ただ、読んだだけなのに行動した気になるのもやっかいなところです。

 

 

 

 

ビジネス書を読むとけっこう行動した気分になることができます。

 

 

 

 

 

理由はわかりやすいうえに前向きな本が多いから。

 

 

前向きに書かれているのはいいことだけど、読んだら読むことに満足してしまいます。

 

 

 

 

テンションが上がっただけで満足してしまうようになって行動した気分にさせてくれます。

 

 

 

でもそれだとやった気になるだけで実際には行動していません。

 

 

テンションを上げるだけでなく実際に行動に移すから成果が出やすくなります。

 

 

なので読むだけでなく行動とセットにする。

 

 

さすがに読んで終わりはもったいないです。

 

 

 

 

今回はビジネス書の長所と短所について書きました。

 

 

ビジネス書を愛読する人は心のどこかで楽して成果を出す行動に魅力やメリットがあるような感じがあります。

 

 

けど、自分で考えて行動することを忘れるといろんな場面で自分が困ってしまいます。

 

 

なので、失敗と感じても考える力を持っておく。

 

自分が行動したうえで参考にするくらいがちょうどいいので気分ではなくしっかり考えて行動するのが一番です。