この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

日記を書いて15年以上になりますが、最近では自分のために日記を書くのがとても楽しく感じます。

 

 

 

今回は自分のために日記を書くことについて。

 

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 自分のために日記を書くにはどうするといいのか
  • 自分が満足するような日記にしたい

 

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

  • 満足できる日記を書くコツをつかむことができる。
  • 見返したときに書いてよかった日記にすることができる。

 

 

 

 

自分が書いて満足できる日記を書くことができるにはどうするといいのを書いていきます。

 

 

 

 

どの部分を意識するといいのか、ポイントを紹介します。

 

 

 

 

 

 

自分のための日記を書く理由とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は自分を救うためです。

 

 

 

日記は自分を救うために書いていくと書きやすいし、進みやすいうえに分析がしやすいです。

 

 

 

 

 

例えば、一日の出来事を書くとします。

 

 

 

 

書くとき他人のことばかり気にしながら日記を書くと自分の気持ちが抜けてしまい書いてもあまりおもしろくない日記になってしまいます。

 

 

 

 

おもしろさを感じないと日記を続けたい思わなくなってしまいますし、なんのために書いているのかわからなくなってしまいます。

 

 

 

 

これでは自分を救うことが難しくなります。

 

 

 

 

 

日記は人のために書くのではなくて自分のために書いてこそ、力を発揮します。

 

 

 

 

 

自分が中心で人のことはいいのかと思いそうですが日記はあくまでパーソナルなもの。

 

 

 

 

 

 

自分が満足した内容でないと、書くことが続かなくなります。

 

 

 

 

なので日記は自分を救うために書くことで力を発揮します。

 

 

 

 

 

自分を救う日記が書けるようになるには

 

 

 

 

 

特にこの二つを意識すると書きやすくなります。

 

 

 

 

  • その日にあったことに感情をプラスしていく
  • 出来事を深堀していく

 

 

 

 

 

一つ目はその日にあったことに感情をプラスしていくことです。
 

 

 

自分が満足できる日記にするにはその日にあったことに感情を足していくと内容が膨らんできます。

 

 

 

 

 

 

理由としてはその日の出来事だけを書くのではやっぱり物足りなさを感じます。

 

 

 

 

その日の出来事に対して自分がどう感じたかプラスすることで内容がけっこう濃いものになります。

 

 

 

 

 

難しいことではなく どんなことを感じたのかを素直に書くことです。

 

 

 

例えば仕事での場面で自分の仕事が褒められたことを日記にするとき、

 

 

 

 

 

仕事で自分のことを褒められただけでは後で見返したときによくわからないですが、

 

 

 

 

仕事で自分のことを褒められた→うれしかった

 

 

 

 

 

それに加えて、

 

 

 

どんなことでほめられたのか→どんなことがうれしかったのか

 

 

 

 

を詳しく書いていくと内容が濃くなってくるし、あとで見返してみるとわかりやすくて面白さが伝わります。

 

 

 

 

感情を加えることでより日記が書きやすくなります。

 

 

 

二つ目は 出来事を深堀していくこと。
 

 

出来事を深堀していくとかなり日記が書きやすくなります。

 

 

 

 

 

さきほどの仕事で褒められてうれしかったを例にすると、

 

 

 

 

仕事で自分のことを褒められた→うれしかった→どんなところで褒められたのか→どういった行動をしたから誉められたのか

 

 

 

 

など、内容を深堀していくことで内容が充実してきます。

 

 

 

 

深堀は少し慣れてないと難しく感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

けど、回数を重ねていけば書けるようになってくるので深ぼりして内容の濃い日記ができますよ。

 

 

 

 

 

 

自分を救う日記にするには継続して書くことが大事

 

 

 

 

 

日記を充実させるには継続して書くことが大事で続けていくと書きたいことが見つかるし、それが自分を救うものになりやすいです。

 

 

 

 

 

理由は継続してないとどんなことを日記に書きたいのかがわからなくなってきます。

 

 

 

 

 

 

自分が思ったことを書きたいとおもってもはじめはうまいこと文字になかなかできないです。

 

 

 

 

僕も毎日何を書くかで迷って続かなかった日もあって書くことがいやになったこともあります。

 

 

 

 

けど続けることで少しずつですが、自分が書きたいなって思うことが書けるようになってきたし、中身の濃いものが書けるようになってきたのではないかと思ってます。

 

 

 

 

 

書き続けることで何が書きたいかが自然と見えてきます。

 

 

 

 

少し時間をかけてでも慣れるまでは続けて書くことを意識することで思い通りの日記にすることができますよ。

 

 

 

 

短くても日記を書いていく

 

 

 

 

 

もうひとつ、続けて書くには短くても文字にすることです。

 

 

 

続かない理由は初めから長く、濃いものにしようとするから。

 

 

 

 

 

はじめから100点を狙いすぎると続けるのが嫌になります。

 

 

 

続けるには短くてもまずは書くことを続ける。

 

 

 

 

 

 

書くことを続けると自然と続けることができるようになりますよ。

 

 

 

 

日記を書くのに参考になる本がたくさんありますが本を見るよりはまずは自分で書いていくことが大事です。

 

 

 

 

満足できないものがほとんどになるかもしれませんが気にしないで書いていく。

 

 

 

 

一言で自分の一日を表すのって意外と大変です。

 

けど、一日を意識して振り返ってみると結構いろんな出来事がありますよ。