この記事は約 3 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

今日は日記の書き出しについてです。

 

 

  • 日記の書き出し方はどう書くといいのか。
  • 書き出しがわからないからなかなか進まない
  • おすすめの書き出し方を教えてほしい

 

 

 

日記をスムーズに書くには書き出しって結構大事です。

 

今回は日記がスムーズに書けるように書き出しを紹介します。

 

日記を書いて15年以上になりますが、書き出しがうまくできるようになると順調に書くことができますよ。

 

 

 

 

日記が続く日記の書き出しの方法

 

 

 

 

日記の書き出しをするならまずはこのふたつ。

 

 

「昨日は~」
「今日の天気は~」

 

 

書き出しに昨日とか今日の天気のことを入れると書きやすくなります。

理由は一番思いつきやすいから。

 

 

 

日記を書き出すのに一番の難関は書き出すこと。

そこをクリアできるとあとはスムーズに書き出すことができますよ。

 

 

 

なかなか書けないのはどんなことを書くかで迷うから。

それに一日の出来事のなかで書くことが絞り込めないから書くのが結構苦痛になってしまいます。

 

 

 

書くことがたくさんあったときは簡単に絞り込むことができます。

けど、毎日印象に残ることが起きるわけではないですよね。

 

 

 

目立ったことがない一日のときは書き出しに結構困ることが多いのではないでしょうか。

 

そういうときのために簡単な書き出しがあるとあとは思ってる以上に書き進めることができるますよ。

 

 

 

 

ほかにおすすめの書き出す方法は?

 

 

それはこのふたつ。

 

 

  • テーマを書き出す
  • その日にあった一番の出来事を書く。

 

 

日記の書き出しに自分が書きたいテーマを決めて書いておく。

 

 

これも書き出しをスムーズにするための方法のひとつです。

 

理由ははじめにテーマを書き出しておくとそのテーマに沿って日記を書くことができます。

 

 

例えば、テーマを仕事にします。

そうすると仕事のことに焦点を絞りやすいし、書きやすくなります。

 

 

 

仕事だけではまだまだ書き出せないならそれに何かプラスする。

 

例えば、仕事であったいいこと、仕事で言われた一言に対して自分が感じたこと。

 

 

 

こんな感じでテーマを絞り込んでみると書き出しやすくなります。

 

 

 

 

その日にあった一番の出来事を書く。

 

 

その日にあった一番の出来事を書き出しに書いておくと結構書きやすくなります。

 

理由は一番印象に残ったことが一番書きやすくて思い通りに日記を書くことができるから。

 

それに一日の一番の印象に残ったことを持ってくると思い浮かびやすくなります。

 

 

一日で一番印象に残ったことって何を考えるとすぐにでてくるものが一番です。

 

 

例えば、仕事でやらかしたことが一番に来たとなればそれが一日で一番の印象的な出来事になります。

 

それをテーマに書くとすんなり書きやすくなって思った以上に書くこともできます。

 

よく、自分にとって都合の悪いことは日記に書かないという人がいますし、自分もここまで書いてもいいのかなって思ってしまいます。

 

自分にとって都合の悪い時ほど、うーっ、てなります。

 

けど、よく考えると日記ってパーソナルなもので人に見せるものではないですよね。

 

人に見せるものでないなら遠慮なく書いてもいいと思って書くようにしてます。

良くも悪くもその日にあった一番の出来事を書き出しに持ってくることで書きやすくなりますよ。