この記事は約 4 分で読めます

いつもありがとうございます。リョウジです。

 

 

 

今回はサラリーマンがなぜ朝活をしたほうがいいのかについて。

 

 

 

こんな人におすすめです。

 

 

 

  • 今のままでは成長しないと感じている人
  • 人との差をつけたいと思っている人
  • 自己投資をしてもなかなか続かない人

 

 

 

 

 

これを見ることで、

 

 

 

今よりも成長したと実感することができる

人との差を簡単につけることができる

自己投資をしている実感があるので続きやすくなる

サラリーマンが朝活をしたほうがいい理由がわかる

 

 

 

 

 

 

サラリーマンをしながら朝活をして10年以上になりますが、仕事だけでは改めて成長できないと感じます。

 

 

 

 

会社に勤めながらも会社に頼らない生き方をするためには自分の価値を高めていくしかないです。

 

 

 

 

その行動のひとつが朝活なのでおすすめする理由について書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマンが朝活をする理由とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社に依存しない自分を作るためです。

 

 

 

会社に依存しないためには自分のスキルをあげていかないといけないから。

 

 

 

 

その時間を作るために一日で一番に集中できる朝にするのがベストだからです。

 

 

 

 

朝に関してのメリットは朝活で仕事ができるようになる?!それってなぜ?【実践】にも書いてますが、改めて書くと

 

 

 

 

  • 時間が遅く感じるからたくさんできる
  • 頭がすっきりしているから集中しやすい

 

 

 

朝ならではのメリットを活用してスキルを身につけることで差が開いてきますよ。

 

 

 

 

 

朝活をすると人と簡単に差がつく理由は

 

 

 

 

 

朝活をすることで人との差がつくといわれますがやっている人が少ないからです。

 

 

 

なぜやっている人が少ないかというと、

 

 

 

 

  • 仕事の疲れなどで起きるのがしんどい
  • 朝に何かをしたいと思わない
  • 自己投資みたいな勉強はいつでもできると思っている

 

 

 

 

 

など、仕事をしているとどうしても仕事や日常以外に時間を使いたいと思えなくなりがちです。

 

 

 

仕事で疲れたから休むが基本なのでそれを無視して朝に学習をしたり仕事に必要な知識を身につけると簡単に差が開きます。

 

 

 

朝に学習したところですごい人に追いつくのは無理と考えて活動をしない人がいます。

 

 

 

 

でも本当にすごい人は何もしてないことはないし、もともと何もしなくてもすごい人はまれです。

 

 

 

そこであきらめてしまうのはもったいないし、価値を上げるためには何かをするしかないです。

 

 

 

一日の時間の中で自分のために集中して時間を使うことができるのは朝だけなので朝に活動をする。

 

 

 

 

価値を高めながらも周りと差をつけるなら朝活をするほうがいいです。

 

 

 

 

 

夜の勉強をお勧めしない理由とは

 

 

 

人によっては朝よりも夜のほうがいいという人もいます。

 

 

 

やってみるとわかりますが夜は続きにくいしデメリットが多すぎるからあまりおすすめしないです。

 

 

 

理由は、

 

 

  • 仕事で疲れて何かやろうという気がしない
  • 飲みとかのお付き合いで体を消耗してしまう
  • スキルアップをしようとしても時間の確保がしにくい

 

 

 

 

僕もサラリーマンなのでよくわかりますが、夜はマジで集中できない。

 

 

 

 

理由は上記のとおりですが、それを無理にやろうとしてた時期もありました。

 

 

 

 

一日目と二日目はうまくいくけど、三日目くらいからできない要因がたくさん出てくる。

 

 

 

 

仕事で自然と疲れがたまっているのでやる気が萎えやすい。

 

 

 

 

それに家族がいれば家族との時間があるので別に自分の時間を作るのは難しいです。

 

 

 

 

 

もちろん、体質的にも都合的にも夜のほうが集中しやすいという人がいます。

 

 

 

 

けど、かなりのデメリットがあることを知っておいたほうがいいし、自分は朝がいいのか、夜がいいのか体質的なものもあるので一度やってみて、自分に合うほうにシフトするのがいいかもしれません。

 

 

 

 

ただしっかり時間を作れて、しかも集中しやすい状態を作るなら朝がいいです。

 

 

 

 

 

安定した活動の時間を作るなら朝がいい

 

 

 

 

朝以外におすすめしない理由は時間がしっかり確保できないからです。

 

 

 

いつもの時間に帰ることができるならいいですが仕事の内容によっては同じ時間に帰るのが難しいこともあります。

 

 

 

スキマ時間があるといっても時間の限りがあるからスキマ時間だけでは短すぎます。

 

 

 

短いとできることがかなり限られてきます。

 

 

 

それに時間がないと自分の思ったような活動ができなくなります。

 

 

 

 

なので安定した時間を作るなら朝がいいです。

 

 

 

 

 

 

さぼる選択は捨てる

 

 

 

 

朝活以外でインプットする時間をしっかり確保する方法のひとつとして業務中にすることをすすめてくる人がいますがおすすめしないです。

 

 

 

 

当たり前ですが業務中はしっかり業務をこなすことです。

 

 

 

 

さぼるという手段を使うと時間を確保できますが、それでは仕事をしてないのと一緒なのでまったく意味がないです。

 

 

 

 

お金をもらっているんだからその時間はしっかり働かないといけないです。

 

 

 

 

それにそんな悪知恵を働かせる労力があるならシンプルに朝の時間でどれだけ自分を高めることができるかに集中するほうが無駄にエネルギーを使わなくて済みます。

 

 

 

 

 

今回はこれで終わりにしますが、どれだけ自分の価値を高めることができるか。

 

 

 

 

会社で生き残るにしてもそうでないにしてもやっぱり自分を常に高める行動をしないと簡単に放逐されてしまいます。

 

 

 

少しでも自分の価値が高まるように今日もしっかり活動していきます。